7bit.ism

今年はコロナの影響で様々なビッグイベントがオンライン化していて、何と東京ゲームショウまでオンラインで開催されました。確かに現状人でみっちみちの幕張メッセに大集合するというのは正気の沙汰じゃありません。僕はゲームショウには行ってみたいと思っているけど結局行かないという、よくいるタイプの人間だったのでオンライン化されたゲームショウを発見して大歓喜、Twitchとかで結構ちょこちょこ観てました。

通常ゲームショウみたいなビッグイベントはデカいブースの中で人の波を気にしないといけないものですが、オンラインだとそういうのが無くまったり観れるし、また、マイナーでローカルな感じの情報やメーカーさんなんかを深夜帯に取り上げたりしいて新鮮で面白かったです。何かこういうショウって実はオンラインの方が今日日全然良いんじゃないかと思ったりもします。イベント会場借りるようなショウは関係者向けにビジネス主導で展開すれば良いのかなと。特にゲームショウのような一般メインのショウはオンラインの方が宣伝効果は高いような気がします。世界中どこからでも一瞬かつ無料で参加できるわけだし。

さて、様々な新作タイトルのPVが流れる中、やっぱり僕の中でも注目度が高かったのはゼルダ無双のプレイ動画でした。

極めて良い

結構なカクつきぶりを発揮していた第一弾PVの印象は個人的にはとてもBAD、これは次世代スイッチ待ちかなーと思ったんですが、東京ゲームショウのプレイ動画を見る限りアクションはかなりスムーズでした。そりゃあ若干のカクつきは見られたんですが全くもってプレイヤブルなフレームレートを混戦時もキープしています。あの第一弾トレーラーは全くの調整前だったという事なのか、はたまたあの後血のにじむような最適化作業が行われたのか・・・とにかく、これならストレスを感じるようなパフォーマンスではなくプレイに没頭できます。

多彩で個性的なアクション

僕はRPGっぽくなるんじゃないかと思っていたんですが実際は完璧にオリジナルな無双システムを踏襲するようです。しかし、非常に単調なイメージの強い無双シリーズに比べ、ゼルダ無双のキャラクターが織りなすアクションは非常に多彩なようです。通常連打派生攻撃に加え、キャラ固有のアクションを固有ボタンから繰り出す事が可能でそれらを織り交ぜて華麗に戦える様子。また、ジャスト回避やガードブレイク等のテクニカル要素も充実しているようです。

これはかなり良い感じ。何よりキャラ毎のアクションの違いと個性が本当に素晴らしい。言うて僕は正統派なオリジナル無双は実はプレイした事が無いんですが、このゼルダ無双はやってみたい。

しかし・・・

任天堂スイッチは売ってしまったんだ(衝撃発言

いや、あつ森がボッチには楽しめなかったしマイクラダンジョンがカックカクやったし、スイッチは次世代までアカン思うたんや・・・っていうか良く考えたらお米ちゃん出るしなんで自分売ってしもうたんやろ・・・すまん任天堂・・・ただ・・・

次世代機だそう任天堂さん。PS5の勢いヤバそうだし、3月頃に追撃かました方が絶対いい、性能3倍で皆大満足。

実際問題、個人的にはスイッチ差し戻すか考え所。どちらにしても性能を上げない事には結局任天堂ゲーム専用機に近く、マリオやスマブラに魅力を感じない僕には今一決定力に欠ける。また、11月はサイバーパンクな奴が襲来するし、PS5まで来る。多分12月はゲーム中毒による死者が続出して社会問題になるだろう(妄想。いやこれはやっぱり次世代スイッチ待ったなしと言わざるを得ない(執念。逆に、別にゼルダ無双をPCで出してくれたって僕は一向に構わない(横暴

まあ出てみないと何とも言えないですが、多分厄災の黙示録は名作なんじゃないかと思います。それぐらいゲームショウのプレイ動画の印象は良かったです。今結構色々英傑のプレイ動画も上がってきてるので一見しておくと良いかもしれません。

番外編:アイキャッチ画像


llc20190907a.jpg

ゼルダ無双 厄災の黙示録 インパ:模写

今回はインパを描いてみました。基本コラムのアイキャッチは1日仕上げで出来る所までという感じ(例外ありますが)。実際のインパはもうちょっとマルっとしていて可愛らしいんですがタイムオーバーという事でこれで完成。しかし・・・いくら100年とはいえ100年後のインパさん面影すら無いんですが・・・いやっていうか身長的に別人としか・・・

7bit.ism

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA