ペルソナ5 スクランブル

ペルソナ5 スクランブル ペルソナ5 スクランブルをプレイしてみたので記事にしてみようと思います。 今回からゲーム記事はラフに自分なりの感想のみを身勝手に述べて行く感じにしようと思います。 元々僕は早解きみたいなプレイスタイルは苦手で、ゲームは適当にまったりプレイするのでコンシューマの新作ラッシュになんて到底ついて行けないし、そうなるとトレンドに乗れないレビュー記事っていうのはあんまり意味が無いので。 その辺はプロ、IGNさんにでも任せようではないかと。 さて話をペルソナ5 スクランブルに戻すとして、このタイトルはターンベースRPGの巨匠ペルソナ5(およ

ペルソナ5 ザ・ロイヤル Review

ペルソナ5 ザ・ロイヤル 何を隠そう管理人のメガテンプレイ歴は相当長く、ターン制コマンドバトルRPGの中でも一番のお気に入りはFFでもドラクエでも無くメガテンシリーズだったりします。 ペルソナシリーズはメガテンとは完全に別ラインのRPGではあるんですが、根幹にあるシステムは似ているゲームです。 とは言え、ペルソナシリーズの中でプレイしたのは初代「女神異聞録ペルソナ」のみ、セガ派だった僕はその後デビルサマナールートを辿る事になったのでペルソナとは縁遠くなり初代以外は未プレイ。 ペルソナシリーズは2以降ギャルゲーっぽくなったのもプレイしなくなった理由の1つだ

パンツァードラグーン オルタ Review

パンツァードラグーン オルタ Xbox Oneを購入したので懐かしのパンツァードラグーンをプレイしてみました。 Xbox Oneの後方互換タイトルにはプレイしたいタイトルが結構あるので、その辺りをちょこちょこ新作合間にプレイしていく予定。 まずは何と言ってもパンツァードラグーン、初作、2作目ツヴァイ、3作目RPG、そしてオルタと全シリーズの大ファンであった管理人にとっては至極当然の選択です。 このタイトル(初代)はセガ(SS)とソニー(PS)がガチで殴り合っていた頃に出現したセガ屈指の名作シューティングであり、その出来の良さからセガ陣営の強力な戦力でもあ

Project Highrise Review

Project Highrise 随分前に既にSteam版を購入してあったんですが、今年の夏ぐらいにローカライズされたので年内にはプレイしようと思っていた「Project Highrise」をプレイしてみました。 これを購入した理由というのは多分多くの人がそうだと思うんですが・・・ 何やら著作権云々の問題から、あまり日の目を見る事無く消えて行ってしまったシュミレーションの名作「The Tower」を思い起こしての事だったりします。 人々のビルでの生活を眺め、生活感ある味のあるBGMと2Dキャラの影絵のようなアニメーションに浸りながらビルを拡張して行くあの

Prey Review

Prey 夏のSTEAMセールで購入した「Prey」をレビューしてみようかと思います。 ボーダーランズ2でFPSの面白さに目覚め、ボダラン2の3週目ソロ無理ゲーバランスによって終わったマイFPSブームだったんですが・・・ なんかそれっぽいのがやってみたいという事で「Prey」を入荷してみました。 Preyは戦闘スタイルこそFPSですが、内容的にはバイオ的な、サバイバルホラーアドベンチャーというジャンルに分類されるゲームだと思います。 これ系のゲームって言うと、個人的にはあんまりプレイ歴が無く、PS1のバイオ(初期作)が記憶にあるぐらい、あとジャンルは違う

Pit People Review

Pit People 積みゲー崩しプロジェクト第2弾として新感覚ターン制タクティカルストラテジー「Pit People」をプレイしてみました。 ちょっとたどたどしい感じですが字幕やUIは完全に日本語化されているので、ネイティブな日本人でも十分プレイ可能です。 「CASTEL CRASHERS」を作った人たちが作ったらしく、今作でも似たようなノリが随所に見られます。 中でも特にクレイジーな要素がスパークしており、前作以上によりぶっ飛んだ感じの作品となっています。 Steam Steam URL 2018/6/19 Pit People ストーリー プロロー