…to aru PC case

llc20190125a.jpg

「いつかPARVUMで水冷を組もう」
そんな風に思っていた時期が僕にもありました。
そして注文したのが10月の初旬。
紆余曲折あって届いたのは11月末。
しかも・・・
電源ボタンが欠品しているという痛恨のミスをひっさげて到着。
電源がONに出来ないケースとは・・・なかなかやりおる・・・
その後色々メールでやり取りをするもののPARVUM氏はさっぱり電源ボタンを送ってくる気配は無く、結果的にこのケースは管理人の怒りと共に粗大ゴミとして投げ捨てる事に決定、速やかに廃棄処理される予定でした。
しかし・・・「物は簡単に捨てるもんじゃない」とどこぞのお婆ちゃんはよく言ったもので、最近サブPCを作る運びになり、廃棄寸前だったこのク○ケースを利用しようという事に決定。
改めてこのケースを組み立ててみた所、やっぱり佇まいは素晴らしい事を再発見。
そして、高さ約33cmにして360㎜ラジを載せられる水冷向けM-ATXケースという、流通しているPCケース群の中でも唯一無二の存在感。
構造だけみれば正にこれこそが求めていたケース。
メーカーの対応は超絶糞の極みであるもののケース自体は悪くない。
元よりこのケースに向けてマザー変更なり水冷パーツなりを仕込んでいたわけで、色々他のケースで組んでもしっくりこないのは当然の事、やはりこのケースで組むべきなわけです。
さて・・・
このケースをメインとして採用するに当たる障害は四つ。

・電源スイッチが無い(正に糞
・PCIスロットの位置が数ミリ左にズレている(個体差?
・電源を固定する六角ネジに適合するレンチが無い
・油性マジックで廃棄用ナンバーと日付が殴り書きされている

これらの糞すぎる諸問題を一つ一つ解消して行く作業が開始。
電源スイッチはPARVUM氏が指定するスイッチは無かったもののAmazonで流用できる汎用スイッチ(19mm モーメンタリスイッチ)を発見、無理やり配線して解決。
PCIスロットがどうもデフォでズレていやがるという糞構造についてはマザーのバックパネル無しにして、無理やり力技でグラボ取り付けたら何か解決。
解決って言うか多分ケースの個体差?まあしっかり付いたからいいや。
糞六角ネジについてはミリでもインチレンチでも適合するものは無かったけど(っていうか専用レンチ欠品?)、ケースの作り方を工夫したら手締めでいけたので解決。
油性マジックは100円ぐらいのマジック落としで一生懸命こすったら綺麗さっぱり消滅。

・・・使えなくはない・・・

という事で騙し騙し本組み開始となり、めでたく完成。
購入から完成まで4ヵ月という壮大なプロジェクトは遂に終焉を迎える運びとなったわけです。

小春日和ビルド

llc20190125c.jpg

スタンダード水路

llc20190125c.jpg

Z390

llc20190125c.jpg

llc20190125c.jpg

剛性はヨロシ

llc20190125c.jpg

llc20190125c.jpg

見た目は非常に良いケースですが、使い勝手は最悪。
よく考えられている部分も無きにしもあらず、しかし、安易に手を出すにはあまりにテクニカルなPCケースです。
また、注文から発送まで2ヵ月は見た方が良いと思います、小型のケースであれば発送は速いと書いてはありますが・・・
また、公式のWebサイトには注文を確認したりするシステムは一切無いので、注文後の返信メールは確実に保存しておいた方が良いです。
まあとにかく・・・お勧めは絶対にできないケースです(っていうか普通買わんけど
どう考えても他の選択肢を選ぶべきです。
こいつで組んでやろうという強い意志のもとに挑みましょう。

前面アクリルで出来たケースですがアクリル自体は分厚く、部分的にそれを2重にする為、素材としては柔いですが剛性は意外と高いです。
むしろスチール系のケースより箱としてはガッチリ組み上がります。
静音性は内部自体は結構ありますが、フロントファンがほぼ剥き出しなのでフロントファンをお金かけて頑張った方が良いです。
ここにEKのファン付けるべきだったかな・・・と後悔したりしなかったり・・・
また、360ラジを積んだ水冷ケースとしてはかつて無いほど重量が軽いです、多分トータル10kgぐらい。
作れてさえしまえば、おそらく360ラジを積めるケースとしては最も容積が小さく軽く小型のケースになるんじゃないかと思います。

llc20190125c.jpg

側面のアクリルは非常に透明度が高く殆どガラスと変わりません、むしろ何かちょっと艶はこっちのが良いかも。
ただガラスより圧倒的に埃が付着し易いです、でもまあアクリルの方が軽いし割れないから扱いが楽なので、PCケースの窓ってアクリルのがいいんじゃないかと思ったりもします。
内部を光らせると部分的にケースが光を透過するのがとても幻想的。
もう殆どオブジェ、管理人の部屋が大して洒落てもいないというのが玉に瑕。
あとは何よりもやっぱり高さが低く圧迫感が無いのが魅力。
現状流通するありとあらゆるPCケースを吟味した中で、やっぱりこのケースがDIY水冷ケースとしてはマイベスト。
しかし・・・
メーカー対応は・・・

まさか一週間後に廃棄されるはずだったケースがメイン採用されるとは・・・
多種多様な問題と使い辛さを抱えたケースではあるものの、これを超えるものが出ない限りこれを使って行く予定。
ぶっちゃけLianLi辺りに同じ構造のケースを作って欲しいのが本音だけど現状市場に同構造のケースは皆無。
360ラジが積めて背が低くて横長でポンプが容易に設置出来るケース、欲しい人結構いると思うんだけどどうなんだろう。

…to aru PC case

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA