Borderlands Game of the Year

llc20190522a.jpg

新作の秋リリースに向けて絶賛全シリーズブラッシュアップ中ボーダーランズシリーズ。
ちょっと前に大々的に新作「ボダラン3」のお披露目会をやっていて、動画なんかを見る限り思った以上に出来が良さげ。
実は「ボダラン3は大して2と変わらんだろ」とか勝手に思っていてスルーするつもりだったんですが、あの感じだと大いにプレイする価値がありそう。
ボダラン2の時点でかなりの出来の良さだったし、2を超えてくる可能性が強いんじゃないかと思います。
そんなわけでボダラン3へ向けて、新作を最大限に楽しむためにもまず初作「Borderlands」GOTYエディションをプレイしてみました。
ちなみに音声、字幕共に完全日本語化されていてボイスの出来もボダランらしく力が入っています。

Borderlands GOTY

ストーリー面

llc20190522c.jpg

惑星パンドラに存在するらしいvaultというお宝満載の地域?を巡るvalutハンター達の戦いの物語。
なんだと思う。
というか、ボダラン初作はストーリーについて詳しく語られないというか、そもそもストーリー性そのものが全編通して非常に薄いです。
重要人物登場時にちょっとしたカットインが入る程度で、あとは大体メインミッションの文字と音声だけで話の流れが語られます。
登場人物は2を既にプレイしている人にとっては馴染み深い人達ばかり、メインプレイヤー4名に加え武器屋のおっちゃん、クラップトラップとか、逆に2を先にプレイしていた方がキャラクターには馴染みが湧くと思います。
ただ、確かに2の重要人物が大半なんですが、だからといって特に過去について重要な何かがわかるという事もあんまり無いです。
どの登場人物についても深く掘り下げられる事は無く、とても平坦で味気無く話は進んでしまいます。
ここは結構残念。
サブクエストも殆どがお使い系、退治系、所定ポイント探索系で、何か面白いエピソードが垣間見れるという事も無く、単調で退屈な内容である事が多いです。
2には名悪役ジャックが居たり、濃くアクの強い登場人物を上手く描き出していたり、メインもサブもメリハリのある面白いクエストが多かったんですが、初作についてはその辺がFPSシューターを楽しむための動機付けぐらいの意味合いしか持たず、クエスト遂行は大きく面白味に欠けます。

ただ、一通りクリアして思うのは、どうもボーダーランズという作品は元からシリーズ化を見通していて、そのつもりで初作では全容のごく一部しか語られていないような感じを受けました。
物語のほんの触りと世界観や雰囲気の構築、それがボダラン初作の舞台背景の全てだと思います。
初作をプレイしていた人は2をより楽しめたと思うんですが、2から始めた人が初作をプレイしても発見は極めて薄いです。
2に至った本当にある程度の経緯がわかるぐらい。
ただ2の重要人物を操作できるという点については2から入った人の方が楽しめるかなと。
いずれにしても、ストーリー面の作り込みの雑さというか薄さは残念な部分です。

llc20190522c.jpg

Borderlands GOTY

シューティング!

llc20190522c.jpg

肝心要のFPSシューティングの出来は良好。
2へ至る殆どの骨組みは既に初作で完成していたという事を体感できます。
ボダランはリロードアクションが特に秀逸で格好良く、射撃感も素晴らしいので狙って打つことが単純に楽しいです。
ただ、やっぱり2と比べると色々バランスの悪い部分が多いです。
まず、シールドの性能が2より低く特にリチャージ迄の時間が長め、一旦シールドが切れると辛い戦いになります。
また、2に比べ敵が良く動き、こちらの弾丸を上手くかわします、そしてかなりの精度で遠方からこちらに当ててきます、要は敵がいやらしく強いです。
逆に言うと、ソロ系シューターとしては初作の方が2より歯ごたえがあり難易度が高く、敵のAIは優秀だと言えます。
ただボダランは対AIシューターなので、あんまりプロット的な動きで攻撃をかわされると嫌気がさしてしまいます。
対人間相手なら「いやーこの人上手いわー」ってなるんですが、AI相手だとひたすら腹立たしいだけなのが球に傷。
なので、よく当たり撃ちまくれる2の方が調整としてはやっぱり優秀だと思います。

あとは手榴弾が弱めで混戦時の突破口にならなかったり、被弾時の照準のブレが大きかったり、2にあった残り少ない弾薬を優先的にドロップするアルゴリズムが無い為メイン武器の弾薬が不足しがちだったり、やっぱり色々ストイックで高難易度傾向。
ただ、武器の種類が豊富かつユニーク&永遠に続く性能バラバラ、ランダムドロップレースというボダランならではの強みは健在で、シューティング部分の面白さを支える大きな柱であることは変わりがないです。
まあでも何かこうテンポが悪いのはやっぱり敵が強すぎるのかなーと。
逆に言うと2の楽しさと言うのは優秀なAI調整の賜物なのかもしれないと思ったりもします。

llc20190522c.jpg

Borderlands GOTY

システム面

llc20190522c.jpg

llc20190522c.jpg

llc20190522c.jpg

llc20190522c.jpg

プレイヤーはレベル制、レベルアップ時のスキルポイントを割り振ってパッシブ寄りの様々なスキル強化が可能。
スキルには系統があり、各系統に割り振ったポイント量によって系統別の高度なスキルを習得する事が出来るシステム。
武器装備スロットは四つ、迅速に切り替えて使う事が可能、他に手榴弾スロット、シールドスロット、クラスMODスロット(クラススキル強化)がある。
2に無いシステムとして武器の種類ごとにスキルレベルを蓄積して行く事が可能で、よく使う武器程ボーナスが付き強くなる。
また「チャレンジ」の各種項目を達成する事で経験値を得る事が可能。
ちなみに、武器毎のスキルレベルとチャレンジのシステムを足して割って全キャラ共通の項目としたのが2のバッドアスポイントシステムなんだと思う(バッドアスポイントで全キャラ共通のパッシブ効果を付与できる)。
武器に属性があったり装備項目が豊富だったりと、FPSシューターでありながらRPG的で厚みのあるシリーズ共通の優れたシステムは本作でも健在。
ただ全体的にボリュームに欠け、スキルが少し味気なく、あまり役に立たないスキルがあったりするのが初作故なのかもしれない。

一通りクリア時のレベルがおそらく33~36ぐらい、ドロップ効率やスキルが充実してくるのが周回前提のバランスである点は2と同じ。
ボダラン初作のリリース当初であるならまだしも、既に2がリリースされている今、敢えて初作を周回する意義は正直とても薄いと思うので、もうこの辺は完全に今日日趣味の領域。
特に敵の種類が少なくAIも強い初作をグルグル周るのはなんとも辛いかもしれない。

llc20190522c.jpg

Borderlands GOTY

原型

llc20190522c.jpg

1も2も持っていて両方未プレイであるならば、まず1からプレイするとより2が楽しめて良いと思います。
2を既にプレイ済みである場合、正直1は興味と時間があればという感じです。
2をプレイ済みだと多分、いかに2が初作からパワーアップしていて素晴らしいゲームであるかを痛感するんじゃないかと。
初作は確かにボダランらしい面白さを持っていますが、あくまで原型であり当時に於いての作りであり今日日見るとやっぱり見劣る部分が多いです。
特にストーリー面、イベント、クエストの完成度はもはや別ゲーレベルで違うので、その辺に期待すると悲しい感じになるかもしれません。
シューター部分に関しても迫力やメリハリ、テンポに欠ける感じがありやっぱり2には二歩三歩劣る印象です。
ただ前述の通り、ボーダーランズの物語の始まり、冒頭について理解するには良いかもしれないです。

さて、逆に言うと、ボダランは初作から2で見事なジャンプアップを果たしたタイトルであり、そうなってくると3はまさにFPSソロ系シューターとして前人未到の完成度を引っ提げて登場するんじゃないかと。
先行動画もかなーり良い出来だったし、リリースも伸び伸びだった分調整も効いているだろうし、期待できそうです。

llc20190522c.jpg

[ 75 ] グラフィック
[ 75 ] 音楽
[ 72 ] ストーリー性
[ 83 ] システム面
[ 94 ] 操作性
[ 79 ] 難易度バランス
[ 79 ] ボリューム
[ 82 ] 中毒性
[ 80 ] 熱中度
お勧め度 [ 78 / 100 ] Point

Borderlands Game of the Year [ Analysis ]

llc20190522c.jpg

Borderlands GOTY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA