悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲

llc20190510a.jpg

「Bloodstained: Ritual of the Night」が6月下旬頃にリリースされるとの事で、おそらく直系の過去作と呼べるであろう「悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲」をPS4版にておさらいプレイしてみました。
Bloodstainedは個人的に非常に期待して心待ちにしていたタイトルでもあり、果たしてどのぐらい月下から進化しているのか楽しみです。
さて、「悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲」と言えば言わずもがなメトロイドヴァニア系ゲームの超名作であり、リリース時期は初代PS時代ととても古いゲームでもあります。
僕がプレイしていたのは最初はセガサターン版、その後PS版を何かのタイミングでプレイし直していたと思います。
なので、多分今回プレイするのは3度目ぐらいで、そのぐらいお気に入りのタイトルだったりします。

DRACULA X

高難易度

llc20190510c.jpg

llc20190510c.jpg

悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲は2D横スクロールで自由にマップを探索できるアクションゲームです。
一応プレイヤーキャラ自体の行動制限によって最初、進むべきマップが決まってきますが後半はフリーダムになります。
途中ちょっとした会話シーンやイベントもあったり、緩いストーリーも下地にあります。
昔のゲームらしい、非常にわかり辛い謎解き要素もあるので今日日そこで時間とられるのもどうかと思うので、先に進めなくなったら調べてしまうのがお勧め、実際確かに月下の謎解きは殆どヒントが無いので結構わかり辛いと思います。

さて、あんまり難しいゲームだったという印象は無かったんですが、久し振りにプレイしてみたら普通に難しいことこの上なし。
特に装備品やアイテムに乏しい序盤が辛く、オートセーブでも無いのでボスで死ぬたびにセーブポイントまで戻り全てを失い辛さ倍増。
序盤ボスもきっちりパターンを覚えてヒット&アウェイする必要があり、まるでダクソの如し。
「あれ月下糞ムズイんだけど」
とボヤかずにはいられない事態。
まあでも中盤から徐々に自キャラが強くなり始め、後半ぐらいで難易度はかなりゆるーくなってきてアイテム収集が本格的に楽しくなってきます。

月下の特徴の一つとして、おそらく業界的にも最後期にあたるであろう高クオリティな2Dドット絵アクションが挙げられると思います。
とにかく細部までよく描かれているし、細かな小技に事欠かない様々なモーションや遊び心を見ると拘りや楽しんで作っている感じが伝わってきます。
この月下のグラフィックは栄華を誇ったレトロ時代最後期の遺産みたいなもんなんじゃないかなと思います。
また、音楽もリッチなFM音源みたいな感じで良いです。

全体的には今日視点で見ると若干もっさりめアクションで高難易度かつ良く出来たメトロヴァニア系のゲームなので、その辺が好きな人は普通に楽しめると思います。

llc20190510c.jpg

DRACULA X

豊富な装備品

llc20190510c.jpg

llc20190510c.jpg

月下の何よりの特徴と言えば、その豊富でユニークな装備品の数々だと言えます。
手に入る装備品に特徴的なものが多く、固有のアクションを持っているものもあり、敵をひたすら倒し続けレアアイテムを集める事が楽しいゲームです。
ただ、こういったレアアイテムを手に入れるほどにプレイヤーはスーパーサイヤ人化し、難易度バランスが壊れていくんですが・・そんな事はどうでも良く(え、集める事事態がとても楽しいです。
月下と言うゲームはアクションでもあり、RPGでもあり、このバランスが非常に絶妙で、手に入れた装備品の効果が視覚的に確認出来て操作できるという感じがとても秀逸でワクワクするゲームです。
例えば破壊の剣が実際に振り回せるみたいな感じ。
長い年月を経てなお、この感覚は月下特有で良く出来ているなと感じます。

llc20190510c.jpg

DRACULA X

システム面

llc20190510c.jpg

llc20190510c.jpg

llc20190510c.jpg

月下のシステム面はとてもRPGライクです。
プレイヤーはレベル制、各パラメーターもしっかりアクション部分に数字として反映されてくるし、数ポイントの上下が結構重要。
装備品は左右武器、兜、鎧、マント、指輪×2と、やっぱりこれも殆どRPG並の細かさ。
必殺技が購入出来たり(何故かコマンド制)、剣魔や妖精などと共に戦えるし成長もします。
このシステム面の充実っぷりはメトロヴァニア系としては異例、というか完全にRPGなので正確には月下はメトロヴァニアとはちょっと違うと言えば違うんだと思います。
非常に強くゲームを後押ししているプラスの要素だし、システム的な面白さあってこそのアイテム収集の楽しさでもあり、よく作られている部分です。
大体の敵がレアアイテム枠を持っているので、コンプリート目指して狩り続けるのも一興です。

llc20190510c.jpg

DRACULA X

名作

llc20190510c.jpg

月下は今プレイしても充分面白いんですが、しかしやっぱり古いゲームなのであんまり過度に期待できるものでも無いかなと個人的には思いました。
解像度がちょっと足りないし、今プレイしてみると攻撃の当たり判定がシビアで「それでスカるか」みたいな場面が多々あり・・・
また、かなりストレスだったのが被弾後の無敵時間が異常に短く、攻撃を食らうと連続でひたすら被弾し続けるのが何とも辛かったです、基本ノックバックするし・・・
なので、プレイしていて意外と「あれ、こんなストレスなゲームだったっけ」と思う場面がちょこちょこと・・・
ただ、僕は3度目のプレイで全て知った上でのプレイなのでそう感じるのであって、初見プレイであれば序盤苦戦しつつも後半ではモリモリレアアイテムを収集して楽しめると思います。
まあ本当にそれぐらい月下のアイテム群は魅力的なのです。

今まではXboxじゃないと現行機環境ではプレイ出来なかったので、PS4でのリリースを期にプレイしてみても良いかもしれません。
メトロヴァニアの元祖にして王みたいなゲームなので、Bloodstained前に予習しておくのもお勧めです。

D C B A A+ S S+ S++ 
悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲 [ Retro Rank A ]

DRACULA X

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA