ガーディアンヒーローズ

llc20190613a.jpg

Xbox One後方互換タイトル「ガーディアンヒーローズ」を軽くレビューしてみようかと思います。
このタイトルはセガの懐刀(謎)トレジャーがセガサターン時代に放ったベルトスクロールアクションゲームです。
最近メガドライブミニに幻の名作格ゲー「幽☆遊☆白書 魔強統一戦」が収録される事でちょっと話題になりましたが、ガーディアンヒーローズはこの幽白のシステムを引き継いだベルトアクションになります。
ちょっとドットは荒いけど非常に良く出来たタイトルで、セガサターンの名作として数えられており、僕自身良くプレイしていた記憶があります。
何か知らんうちにXboxでリメイクされていたらしく、今回後方互換タイトルとしてプレイする事が出来ました。

Guardian Heroes

3ラインベルトスクロールアクション

llc20190613c.jpg

アレンジグラフィック

llc20190613c.jpg

オリジナルグラフィック

llc20190613c.jpg

ガーディアンヒーローズはファイナルファイトとかベアナックル系のベルトスクロールアクションなんですが、特徴的な部分として画面の奥行きが3ラインで区切られている点が挙げられます。
NEO GEO系の格ゲーに多いシステムで、基本的にラインをずらす事で簡単に相手の攻撃をかわしたり無効化する事が出来ます。
また、道中のミニイベントの選択肢によってプレイするステージが分岐し異なる結果を迎えるマルチエンド方式のステージ進行となっているのも特徴です。
プレイヤーがワンプレイでなぞるのは大体6~8ステージぐらいですが、ゲーム全体としては30ぐらいのステージが存在しています。
プレイヤーにはレベルがあり、ステージクリア後レベルアップ分のポイントを各ステータスに割り振る事が出来、魔法なんかも使えたりするので微妙にRPGっぽくもあります。

llc20190613c.jpg

基本的にはベルトスクロールアクションなんですが、アクション部分は格ゲーに近く、キャラクターの必殺技もコマンド入力によって出すようになっており一般的なベルトアクションよりも敷居が高めです。
ガード、攻撃、コンボをしっかり使い分ける必要があり、同様に敵もこれらの動作を駆使してきます。
ベルトスクロール格ゲーと言っても良い感じの作りです。

さて・・・
久し振りのガーディアンヒーローズのプレイ感はというと・・・
非常に微妙・・・
もちろん操作感とか敵味方共に豊富なアクションとか、とにかく派手に良く動くとかその辺は当時のままだと思うんですが・・・
どうも敵のAIが随分凶悪かつ強力になったような気がします。
一度被弾すると敵集団に問答無用でボッコボコにされてしまい手も足も出ない状態。
しかも超高速正確無比なコンボをバシバシ叩き込んできます。
そりゃもちろんラインずらせば良い話なんですが、ラインずらしてはチクチク攻撃>ずらしてはチクチクみたいな、非常にストレスフルな戦いをする必要がありバランスが悪いです。
基本ソロではお供の無敵不死騎士をフル活用しないと先に進むのが辛いです。
特に難易度ハードは敵AIが更に凶悪になり、数発で死ぬのにコンティニューも少なく、殆ど無理ゲーな状態です。
パーティープレイ必須の難易度になっているのか、そうだとしてもあまりにバランスが悪く、特にソロプレイはそんなに楽しめないと言わざるを得ないです。
「うーん、こんなんだったかな・・・・」
というのが正直なプレイフィールです。

llc20190613c.jpg

Guardian Heroes

豊富なキャラとプレイモード

llc20190613c.jpg

llc20190613c.jpg

アーケードモード

ガーディアンヒーローズは基本のストーリーモードの他に、最大12人参加可能な対戦モード、21体の敵を相手に戦い抜くアーケードモードがあり、ストーリーモードで増やした総勢45名のキャラクターを自由に選択して対戦&バトルする事が出来ます。
操作可能なキャラはストーリーモードに登場し、自身が倒した全ての敵が含まれ、特に劣化する事も無く、敵として登場したそのままの性能でプレイヤーが操作できます。
チート級に強いボスキャラなども普通に操作できるので、友達なんかと対戦する時はリアルバトルに発展しないようちょっと気を使った方が良いかも。
ストーリーモードで出会ったあんな敵やこんなボス、全部を操作できるというのはとても楽しく、ガーディアンヒーローズの大きな魅力の一つです。
欲を言うとこの45名でストーリーモードもプレイしたかった所。
ガーディアンヒーローズは今回のリメイクでは基本、総勢12名のオンライン対戦をメインとして作り直されたのかもしれません。

リメイクに伴って追加されたモードにアーケードモードもありますが、ぶっちゃけこれは本当にオマケぐらいの感じ。
バランスも糞も無く、21体という圧倒的な物量で襲い来る敵をボコボコにするかボコボコにされるかみたいな、なんかもうヤワクチャのゴチャゴチャで何やってるかわからないし正直まともにプレイできる内容でも無いです。
一度被弾したらすぐ死ぬ感じで果たしてテストプレイしてるのだろうかというぐらい酷いバランスです。
強力なボスキャラなんかで挑むと良いかもしれません。

llc20190613c.jpg

Guardian Heroes

パーティーゲーか

llc20190613c.jpg

もちろん基本はガーディアンヒーローズです、全編に渡って完全リメイクではあります。
しかし・・・敵AIの調整が非常に大味かつ強過ぎて楽しめません。
というか、もしかするとガーディアンヒーローズは元からこの内容で僕の中で美化され過ぎていたのかもしれないんですが、サターン版はプレイできないのでちょっとわからんです。
まあとにかくソロで楽しむのはAIが悪過ぎてどうにも難しいです。
ノーマル難易度は慣れればそこそこ楽しめますが、じゃあという事でハードにすると超絶的なアンバランス難易度でやる気が失せます。
ストーリーでプレイキャラを増やしたとしても、期待のアーケードモードはとりあえず付けました程度の内容だし・・・
つまるところ、ガーディアンヒーローズは友達やオンラインでのゴチャゴチャバトルを楽しむパーティーゲーではないかと思います、スマブラっぽい感じのゲームかも。
ぶっちゃけ、ベルトスクロールアクションとしての出来はあんまりにも大味で微妙でした。
とは言え、アクションの豊富さであったり、格ゲー的な奥深さであったり、全ての敵が手抜き無しの性能で操作出来たりと、ユニークで優れた点も確かに持っているタイトルだし、価格的には超リーズナブルなので対戦が好きであればプレイしてみても良いかもしれません。

D C B A A+ S S+ S++ 
ガーディアンヒーローズ[ Retro Rank B ]

llc20190613c.jpg

Guardian Heroes

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA