Hollow Knight

llc20170708a.jpg

Steamサマーセールの時にお勧めで表示されていた「Hollow Knight」をプレイしてみました。
確かチェック済みのゲームだったと思うんですが、ウィッシュリストには入っておらず、面白そうなのに何故なのかと不思議に思ったんですが・・・
何故このゲームをマークしなかったのかは後々思い出すんですが・・・まだそれは先の話。
最初に断っておくと、僕はこのゲームは途中でリタイアしてしまったのでレビューとしては暫定的内容になります。
Steam版は日本語対応していませんが、日本語化は非公式ですがちょっとググれば可能です。

Steam / Nintendo Switch

Hollow Knight

ゲームの流れと概要

llc20170708a.jpg

llc20170708c.jpg

llc20170708c.jpg

商人 <

llc20170708c.jpg

エリアマップ <

llc20170708c.jpg

llc20170708c.jpg

溜め攻撃 <

llc20170708c.jpg

軽快なアクション <

llc20170708c.jpg

ボスバトル <

「HollowKnight」はメトロヴァニア風ダクソ系2Dアクション。
難易度高めのアクションをこなしながらエリア単位でマップを攻略し、新しい技や移動手段等を獲得、それらを上手く使い更に先のエリアへ突き進んで行くという形。
各エリアに区切りは無く自由に行き来が可能、また攻略する順番に決まりは無く、この辺は完全にメトロヴァニアの基本通りの作り。

ダクソ系なので当然アクションの難易度は全編通して高め。
ただダクソ程動作は重くもっさりしておらず、2Dアクションゲームらしい軽快さを保ちつつゲームは進行。
難易度的に激高という程でもなく、「高め」というぐらいで、ボス戦も「結構難しい」というぐらい、ある程度良心的な難易度でとても好印象。
プレイヤーの動作はスムーズで操作性も単純で良好。
子気味良いアクションの出来栄えはかなりのもの。
グラフィックやキャラデザインも良く、ゲーム全体の作りはとても「手堅く高水準」。
佳作という領域から一歩抜きんでている事は確実。

llc20170708a.jpg

Hollow Knight

システム

llc20170708a.jpg

チャーム (強化アクセサリ) <

llc20170708c.jpg

インベントリ <

llc20170708c.jpg

llc20170708c.jpg

ソウル回収 <

プレイヤー強化とかの部分はとてもシンプル。
ある程度マップを埋めるように進めて行けば適度に強くなって行きます。
この辺も至ってシンプルでわかり易い作りです。

Hollow Knight

まあリタイアしたんだけどさ・・

llc20170708a.jpg

「HollowKnight」はとても面白いゲームです。
手堅く高水準な作りはおそらく一貫されているであろう事から、この先もこの感じでかなりのボリュームを携えラストまで走り抜いてくれる事でしょう。
特にあまりにも高過ぎない難易度にはかなり好感が持てます。
しかし・・・
僕はゲーム前半程度でリタイアしました。
理由は色々あれど、まあなんか面倒になってしまったので・・・
難易度も面倒だったんですが、このゲーム、とにかく全編「虫」が出まくるし、正直ちょっと気持ち悪い部分あります。
多分その辺なんでしょう。
ただ、ダクソ好きで「虫」が平気な人には大変お勧めできるゲームなんじゃないかと。
中々無い完成度の手堅い秀作ではないかと思います。

[ 81 ] グラフィック
[ 80 ] 音楽
[ 79 ] ストーリー性
[ 80 ] システム面
[ 90 ] 操作性
[ 86 ] 難易度バランス
[ 84 ] ボリューム
[ 82 ] プライスパフォーマンス
[ 82 ] 熱中度
お勧め度 [ 82 / 100 ] Point

Hollow Knight [ Analysis ]

Hollow Knight

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA