風ノ旅ビト

llc20190907a.jpg

プレステの「Stay Home」イベントで「風ノ旅ビト」を無料提供していたのでプレイしてみました。
ちょくちょく欲しいなとは思っていたんですが購入には至らず、今個人的にPCゲーをプレイ出来ない状態にあるので丁度良いかなと。
何かちょっと調べてみたらこのタイトルはリリース当初はとてつもない高評価を得たようで、しかしながら開発元はリリース前に倒産していたとかなんとか。
ある意味ギリギリ奇跡的に世に出回る事になった稀有なタイトルなのかもしれません。

llc20190517c.jpg

Journey

OVERVIEW

llc20190517c.jpg

さて「風ノ旅ビト」は果たしていったいどんなゲームかというと、ただひたすら歩いたりフワフワ飛んだりして前に進むだけのゲームです。
ゲーム性という意味ではとても薄ーいタイトルという事になります。
また、ストーリーについても文字等で語られることは一切なく、全てが映像とジェスチャーで表現されます。
最初にプレイして思ったのは「太陽のしっぽ」とか、あれ系のジャンルに近いと思います。
何の目的も無く、ただひたすら目に付いた場所に進んで行くだけです。

llc20190517c.jpg

一応とても薄ーいなりにゲーム性はあって、マップ上の光る何かを集めて行くとプレイヤーの後ろの帯?(スカーフ?)がどんどん伸びて行き、より長く空中に浮いていられるようになります。
また至る所に設置されている赤い札?やデカい赤い帯なんかにプレイヤーが〇ボタンでアクセスアクションをとる事でスカーフのパワーが回復したりします。
後は遺跡のような何かにアクセスすることで謎の壁画がアンロックされたりとか。

llc20190517c.jpg

プレイヤーが出来る得る事はごく限られているしゲーム性という意味では限りなく弱いです。
しかし、映像の美しさ魅せ方、音楽、様々な小さなアクションの美しさ、これが抜群に優れています。
グラフィックはそんなにリアルではないし込み入ってもいないし豪華でも無いんですが、とにかく綺麗。
リアルで綺麗という事では無く、芸術的な表現という意味で突出している印象。
また、音楽も何か凄い。
これは音楽なのか環境音なのか何なのか、とにかく切なく感動的。
ある種のラピュタ現象(?)的な謎の刹那と遠い思いに駆られ胸が切なくなる感じはゲームというか他の何かに近い。

llc20190517c.jpg

ぶっちゃけて言う所「風ノ旅ビト」はゲームでは無いと思います。
これはそういう系統の娯楽、或いは文化には分類されないです。
これは何だろう、ある種のインタラクティブアートだと思います。
プレイヤーはゲームを楽しむというよりは、作り手の哲学や表現を感じるために「風ノ旅ビト」という芸術に”触れる”んだと思います。

llc20190517c.jpg

Journey

OVERALL

llc20190517c.jpg

そんなアート作品「風ノ旅ビト」ですがゲームとして見た場合のボリュームは他に類を見ない程に薄いです。
おそらく少し長い一本の映画を観る時間でエンディングまで誰もが辿り着くと思います。
ただ、全ての光を集めるとちょっと良いことがあるようなので、その辺を極めてみるのもありかもしれません。

llc20190517c.jpg

「風ノ旅ビト」はビックリする程短いゲームですが、同様にビックリする程感動的なゲームです。
特に今無料なので、PS4持ってる人は一本映画を観る時間をとってプレイし見ると良いと思います。
ただこのまんまでいいから、せめて今の倍ぐらいのボリュームがあったらなあ・・・と思わずに居られないのも事実。
まあしかし、こういうタイトルがしっかり評価されて存在しているという事は重要な事なのかとも思ったりもします。

[ 74 / 100 ]

風ノ旅ビト  [ 74 point ]

llc20190517c.jpg

Journey

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA