モンスターハンター:ワールド [ PC ]

llc20190907a.jpg

Steamのセールで安くなっていたモンスターハンター:ワールドを購入してみました。
僕のモンハンプレイ履歴と言えばモンハンフロンティアを2、3時間ぐらい、プレイするのが面倒になってサクッとアンインストしたのを覚えています。
個人的にはポケモンと並んで何故流行っているのかがよくわからんゲームの一つでもあり、でもこんなに安いならやってみない手は無いし、これも何かの縁であろうという事で、この未開の地を開拓してみる事にしてみました。

MONSTER HUNTER WORLD

WORLD & STORY

llc20190517c.jpg

モンハンの世界は緑豊かな大地が殆ど。
時代的には近代的な兵器等が存在しない点からして、数百年ぐらい前をイメージする感じ。
かといって中世というわけでもないし恐竜が闊歩していても原始時代というわけでも無い。
かなりオリジナルで独特な世界が描かれていて、どんな世界なのかは若干ダイレクトに伝わり辛いしイメージし辛いと思います。
かといってそこまで入念に背景が練られているという程でも無いので、この世界に慣れるのに少し時間がかかるのではないかと。
モンスターハンターというだけあって、まずモンスターありきでそこから広げていった世界といった感じです。

llc20190517c.jpg

ストーリーは主に新種のモンスターの出現を中心に進んで行き、物語を楽しむというよりはゲーム中の様々な新要素を丁寧にチュートリアルして行く印象が強いです。
登場人物もまあまあそれなりに描かれ、そんなに個人が掘り下げられることは無いです。
そもそもモンハンはそういうゲームでは無いし、そこに期待している人も居ないと思うので、これはこれで良いと思います。
簡単な話を交えながら徐々にモンハンの楽しさを追って行けるストーリー周りは可もなく不可も無く、役割を果たして良く出来ているという印象。

llc20190517c.jpg

世界と物語について少し遠巻きに全体像を考える時、少し舞台背景の作り込みが甘いのかなと思う面はあります。
モンスターを狩るという所から始まって広がっていった世界なので、世界の在り様がそこにしか意味が無いみたいな部分。
もうちょっと外堀から自然な世界を作って、そこにモンスターが当たり前に生息しているという構図にするとリアリティが増したのかなという気はします。
特にMHWではそういう方面を目指している部分は垣間見えるので、この辺りは次回作に期待という部分なのかもしれません。

llc20190517c.jpg

世界やストーリー周りの話とは少し離れますが、イベントシーンに関連した話として最初のキャラクリを侮ってはいかんという点があると思います。
僕の場合最初に適当にキャラを作成したところ、何故かとてもゴリラな主人公が完成。
特にイベントシーンの光加減によってはパーフェクトなゴリラと化し、周囲から浮きまくった主人公に失笑を禁じ得ない事態となりメチャクチャ面倒だったんですがデータ消してニューゲームで作り直しました。
キャラクリなんて適当な管理人にしては異例とも言える事態に陥ったほどなので、いい加減にやると後生永遠辛い事態に陥るので気を付けましょう。
特に男キャラの場合キャラクリのテンプレにイケメン風のがあるので、そこを起点にキャラを作っていった方が良いと思います。

あとはよく言われる受付嬢の空気読めない感?とか不評については僕は全然大丈夫でした。
何かイベント衣装でずっとミツバチみたいな雰囲気をブチ壊す格好をしてたんですが、ラスト何かは受付嬢の言葉にちょっと感動したぐらい。
思うにMHWで唯一しっかり描かれる人物像というものが受付嬢ぐらいしか居ないので、色々矛先がそこに向いているのかなと。
なので、このキャラが合わないと終始ちょっとストレスな存在になる可能性はあるのかもしれません。

llc20190517c.jpg

MONSTER HUNTER WORLD

OVERVIEW

llc20190517c.jpg

MHWというゲームの大枠を見ていくと、ジャンルとしてはエリア内オープンワールドアクションと言えます。
幾つかの特徴的なエリアが存在し、そこを舞台に物語やクエスト、任務が進行され、場合によってはそれらのエリアを自由に探索する事も出来ます。
エリア毎に収集できる素材やアイテムに違いがあり、生息するモンスター達については、ある程度それぞれ生態系的なものがあり縄張り争いをしたりもします。
マップも入り組んだ迷路のような構造をしていて、わかり辛い場所に貴重な素材が置かれていたり探索のし甲斐がある内容になっています。
単にモンスターを狩るだけでは無く、オープンワールド化した恩恵を十分に活かした枠組みだと思います。

llc20190517c.jpg

自由に探索は出来るものの、基本的にやる事はモンスターを倒すか素材を集めるかのほぼ2択。
町があったりとかクエストがどうこうとか、そういったオープンワールド「RPG」とは違うので、その辺がハンターゲームたる特徴と言えます。
あくまでも強大なモンスターを「狩る」事が目的で、それ以上の要素は世界にありません。
これはシステム上のあらゆる点でそうで、RPGとは全く違う「狩り」に特化した潔さこそがMHWの良さだと言えると思います。

長い時間を経て独自に進化したMHWのゲーム性の大枠はある意味非常に特殊で、慣れるまでは初めての事が多く正直わかり辛いです。
特にややこしいのがアイテムと素材の多さと調合の複雑さ、使用用途の不明さ、それに伴うUIのわかり辛さ、チュートリアルの不完全さ、モンハン独自のルールの把握等。
MHWというゲームは楽しさを見出すまでのハードルが結構高いと僕は思います。
また、アクションの動作がもっさりなので、このハードルを越える前に飽きられてしまうケースも多いんじゃないかと。
色々とシリーズを通して付け足されていった要素が羅列されている印象はあるので、MHWではもっとバッサリと色々焦点を絞って大枠を刷新しても良かったのかなと、個人的には思います。
中盤か後半ぐらいから楽しさがわかってくるので、頑張りたい人はそこまで行ってみるのが吉です。

llc20190517c.jpg

MONSTER HUNTER WORLD

ACTION

llc20190517c.jpg

さて、なんと言ってもモンハンの肝はアクション。
この点については文句無し、大迫力&難易度高めの骨太アクションが終始展開、プレイヤーを飽きさせる事は無いです。
特に特徴的で優れているのはモンスターの細かな被弾時リアクション、また、攻撃する部位によって大きく変わるバトル展開、豊富な相手の攻撃パターン等。
標的モンスターとのバトルは非常に長く、敵の逃走と追跡、それに伴うプレイヤーの事前準備とメンテナンス等を含め長いと30分以上に及びます。
また、プレイヤー側の対処方法も多岐に渡り、地の利を活かしたり特殊なアイテムで状態異常を誘ったり、頭と知恵を絞って出来るだけ戦闘を有利に進める必要があります。
まさしくはハンターバトル。

llc20190517c.jpg

プレイヤーには十数種類の武器が用意されており、それぞれ非常に個性的でロマン溢れるアクションを展開する事が可能です。
また、単にロマンがあるだけではなく、それでいて技術さえあればそれが実用的であるという点がMHWの素晴らしい所。
攻撃アクションはそれほど豊富ではないものの派生と応用性に優れ、故に一つの武器を有効に活用するにはかなりの慣れも必要です。
それだけに上手く立ち回れるようになってきた時の喜びは大きいです。
この武器種ごとの練り込み具合には、新規タイトルには成し得ない熟練の領域の奥深さを感じざるを得ません。
多様な武器の扱いの妙はモンハンの強力な魅力の一つのだと思います。

llc20190517c.jpg

モンスターと正に殴り合っている時の楽しさは最高なんですが、MHWの世界では様々なモンスターが常にマップ上を徘徊しており、バトル中プレイヤーの所へフラフラやってきて標的モンスターと勝手に喧嘩を始めます。
しかもこれが時々じゃなくて頻発します。
最悪更にもう一体やってきて3体の巨体がぐちゃぐちゃになって殴り合いを始めたりします。
リオレイア、リオレイア亜種、リオレウスが大戦争を始めた事が一度あり、どれがどれかさっぱりわからんし、もうどうしようもないのでほっといてスマホでTwitterを眺めた事があるぐらい。
プレイヤーが強くなってきたら構わず一緒に殴っちゃえば良いし逆に混戦を楽しめたりするんですけど、ちょっと頻度高過ぎかな・・・と。

また、基本的な部分のアクションの操作性は非常に良いんですが、アイテムショートカットの操作性が悪過ぎるのは何とかならないかなと。
かと言って余っているボタンがあるわけでも無いんですが、スティックショートカットだと誤爆が結構多くて・・・
操作デバイスの限界とも思えますが、システム的に簡略化すべき部分はあるのかも。
そういった側面もあり複雑で操作性があまり良好ではないのはMHWの若干の欠点。

あとは基本マルチプレイ主軸のアクションなので当たり判定が大雑把だったりもします、変な所に判定が残ってて突進をくらったりとか。
よくオンラインゲームにあるガバガバな判定が若干垣間見える瞬間がありますが、まあ概ね問題ないレベル。
マルチでもソロでも大満足な高レベルハンターアクションを楽しめるのは他に比類無き特徴と言えると思います。

llc20190517c.jpg

MONSTER HUNTER WORLD

SYSTEM

llc20190517c.jpg

llc20190517c.jpg

llc20190517c.jpg

llc20190517c.jpg

MHWはRPGでは無いんですが、システム的にはレベルの概念がないだけで殆どRPGです。
武器、防具5種、アクセサリー、特殊装具、加えて豊富な属性パラメーターと状態異常パラメーター。
持てる武器が一種類で持ち替えも出来ないという点がマルチ主体のゲームとしての特徴的な部分。
モンスターの数だけ防具にも種類があり、多様な属性と付加スキルによって用途も多岐に分かれます。
武器は無数の強化ツリー構造を持っています。
また、スロットを持つ武器や防具には珠を装着する事でスキルを付与する事が可能。
この「珠」自体も強化する事が可能です。
常に行動を共にする「お供猫」の装備も作成可能。
各装備、珠を作成、強化して行く道は果てしなく、それを追いかけ続けるのがMHWの醍醐味の一つです。

llc20190517c.jpg

MHWのシステム要素は装備品のみならず他の部分に至っても多岐にわたって膨大。
いくつかの調査達成によって防具の強化素材を貰える「バウンティ」システムがあったり、素材を育てたり変換したり、先の通り様々な調査、任務 フリークエスト、特別任務等があったり、マイルームを飾っていったり、とにかくシステムの全体像は巨大で複雑、最初はぶっちゃけ全く持って意味不明というレベル。
やはりここにもシリーズ通して追加された要素が羅列されている感じがあり、初心者には辛い部分。
このシステム要素の山積み感は熟成されたオンラインゲームに良くある状態であり、ちょっとやそっとではこの山は登れません。
僕がこの辺のシステムを理解し出したのはストーリー終盤、むしろ今も良くわからないぐらい。

そもそもモンハンというゲームはかなりのロングスパンプレイを想定して作られているタイトルなので、まあ数ヶ月、色々自分で作りたい装備を追いかけながら複合するシステムを把握して行くのが良いと思います。
このシステム的な厚みは決してマイナスでは無いんですが、何かもうちょっと分かり易くまとまらないもんかなと思うのも事実。
この辺のマニアックさが逆にテクニカル要素大好きな外人層にヒットしたのかなとちょっと思ったりもします。

llc20190517c.jpg

MONSTER HUNTER WORLD

ANALYSIS

llc20190517c.jpg

今回僕がプレイしたのはオールソロ、ストーリークリアのハンターランク解放まで。
MHWはここではまだまだやっとスタート地点という感じ。
その為、今回はMHWの基本的な骨組みの部分についての評価という事になるかと思います。

ここまでの内容としてはソロでもマルチでも楽しめる本格的アクションゲームとして素晴らしい出来栄えという印象。
猛烈な強さで剣を振る事すら難しいような難敵を工夫し、装備を整えてねじ伏せて行く感覚は非常に優秀。
不安定なショートカット操作と特殊アクションが多過ぎる点からくる操作性のマズさ、モンスター同士で喧嘩ばかりしてまともに戦闘にならない乱入頻度の高さ、アイテム系UIの使い辛さ等、結構なマイナス因子を抱えていながらもそれをもろともしない難易度バランスと迫力のアクションは見事の一言。
また、リピート性に優れ、繰り返しモンスターを倒し続ける事が苦になりにくいシステムを持ち、より優れた装備を求め、かなりのロングスパンで楽しむことが出来るのも大きな魅力の一つ。
オフラインなコンシューマゲームとしても、オンラインなマルチゲーとしても同様に非常に高い完成度を持っている何とも欲張りなタイトル。
オンとオフはプレイヤーの気分で変えてプレイすれば良いし、どちらの場合でも同様に楽しいし、どちらかでプレイした内容はどちらでも無駄にならない。

llc20190517c.jpg

一番の懸念材料は多分そのとっつきにくさ。
序盤で本当の面白さに到達する事は難しく、少なくとも中盤から後半まで頑張る必要がある点。
加えて複雑なシステムが無秩序に横に羅列して広がっていて、これも同様に初心者が理解するのがとても大変という点。
そもそもアクションが極めてもっさりなのも途中脱落に拍車をかけると思う、それ自体はこのゲームの味であるとしても。
入って慣れてしまえばこれ程楽しい世界は無いけど、そこまで行けるかどうかがMHWの問題点かなと。

特に日本では余りにもポピュラーなメジャータイトルなので、人の配信で満足してプレイしていない人も多いかもしれないですが(僕のように)MHWは普通に非常に良く出来たアクションゲームだったので、通しプレイのソロゲーとしてプレイしてみても良いと思います。
マルチは何か色々他の要素も絡んできてどうかわからないですが、ベースのアクションゲームとしての出来は本当に素晴らしくとてもお勧め。
実はドラゴンズドグマを買う予定を変更してMHWを購入してみたんですが、まあ結果的に貴重な発見が出来て良かったのかなと、ちょっとやりたいときにクエスト数個やるだけでも楽しいし。
特に長ーく楽しむならPC版がお勧めかと思います。

[ 92 ] グラフィック
[ 81 ] 音楽
[ 79 ] ストーリー性
[ 110 ] システム面
[ 77 ] 操作性
[ 95 ] 難易度バランス
[ 117 ] ボリューム
[ 99 ] リピート&中毒性
[ 93 ] 熱中度
[ 90 / 100 ] Total Point

モンスターハンター:ワールド PC.ver[ Analysis ]

llc20190517c.jpg

MONSTER HUNTER WORLD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA