Neo ATLAS 1469

llc20190422a.jpg

SEKIROも一通り終え、最近稼働していないスイッチを活用しようじゃないかという事で、丁度セールだったスイッチ版「Neo ATLAS 1469」を購入してみました。
このタイトルの初作は初代PSで、今でこそ何となくパッしないゲームのように見えますが当時はその斬新なゲーム性と出来の良さが高く評価された名作でした。
僕もこのゲームがかなり気に入っていて、殆どゲーム離れしてしまっていた時期でありながらがっつりプレイしていた記憶があります。

Neo ATLAS 1469

まったりスルメゲー

llc20190422c.jpg

llc20190422c.jpg

提督の帰還と報告

llc20190422c.jpg

世界地図の模索

NeoATLAS1469は個性的な提督を船長とする船団を編成し、未踏の大陸を探索し世界地図を完成させるゲームです。
非常に面白いのが、大陸発見へ向け出航し帰還した提督の報告を「信じるか否か」によって大陸の姿が大きく変化する点です。
通常の世界地図に良く似た形になる事もあれば、全く異なる形になる事もあります。
基本的には現実の世界地図に似た感じにはなるんですが、ここに提督の特性や途中のイベントの進行状況、ランダム要素等が絡み多様な世界地図を生み出します。
そこにあるのが海域か或いは大陸か、または他の何かか・・・
常にちょっとしたワクワク感がプレイ中継続し途切れる事がありません。
また、プレイ中は貿易やら調査やら大陸探索やら結構やるべき事が多く、そうこうしているうちに提督が帰還し新たな大陸が発見され、さっぱりやめ時が見つかりません。
確かにまったり系のゲームではあるんですが高い熱中度と中毒性を持っています。
未知の何かに挑み続ける途切れる事のない気持ちの高揚感、他のゲームでは体験できないこの感じ「Neo ATLAS 1469」の持ち味は正にそこ。
しかしこれは説明し辛い、非常にユニークな感覚なので他のゲームに例えようがないし、絵的には伝わり辛いし、万人が好きかどうかも分からんし。
非常にユニークで優秀なタイトルでありながら少し埋もれ気味な原因はその辺にあるのかもしれないと思います。

イベント

llc20190422c.jpg

NeoATLAS1469

そんなこんなで色々世界を船で探索して行くと様々なイベントが発生します。
基本、何枚かの画像とテキストで語られますが、これが何と言うか的を得て決して外さないというか、文章が簡潔だし世界観を壊さないし、各キャラクターの個性もしっかり描き出してくるし。
雰囲気溢れる画像もそうですが、加えて文章、テキストが良く出来ています。
演出は今どきのゲームとしてはあまりに地味ですが、それでありながらイベントとしては非常に優秀。
思わずほくそ笑んでしまうような上質の展開の数々に飽きる事がありません。
まあしかし・・・これもビジュアル的には伝わり辛いくせに大きな魅力であるというのが何とも損なタイトルです。

Neo ATLAS 1469

貿易

llc20190422c.jpg

llc20190422c.jpg

さて、世界地図と大陸の探索同様「Neo ATLAS 1469」にとって重要で魅力的な要素として「貿易」が挙げられます。
大陸を探索していると必ず多様な町や都市が発見され、そこには必ず主産物が存在します。
それらの主産物同士を結んで貿易航路を作成し利益を得る事が出来ます。
また、特定の主産物同士で貿易する事で新たな副産物を生み出す事が可能で、さらに大きな利益を得る事が可能です。
今のところ提督や船団の運用で資金難に陥る事は無いんですが、後々の為にも貿易関連もしっかり開拓して行く必要があったように思います。
この貿易についてアレコレ考えながら大陸探索を進めるのもこのゲームの大きな魅力の一つです。
ただ何処にどの主産物があったのか忘れてしまうし、調べるのがちょっと手間だったりわかり辛いのが球にきずです。

Neo ATLAS 1469

当時のまんま

llc20190422c.jpg

VS海賊

正に初代PS時代に熱中した感覚がそのまんま再現されていてとても嬉しいです。
非常に事細かく丁寧にゲームをチュートリアルしてくれるし、補足説明にも余念が無くどこまでユーザーフレンドリー。
こんなに気の利いたゲームなんてそうそう出会えるものでもなく、NeoATLAS初プレイでも十二分にお勧めできます。
プレイヤーを捉えて離さないエンドレスでランダムなゲーム内容と、テキストと一枚絵を中心とした世界観作りの上手さは抜群、安心の完成度です。
ただ・・・
逆に言うと、初代PS時代から余り進歩はしていないように思えます。
勿論、このままでも普通にとても面白いです、でも初代PSを知っている管理人としてはもうちょっと進歩していて欲しかったような気はします。
まだ結構序盤なのでなんとも言えないんですが、特産品の最大数とか、イベント(エピソード)の数とか、その辺を見る限り、ボリューム的にはちょっと残念かも?
もう初作から結構な年月が経っているし、探索しきれないぐらいの特大ボリュームであって欲しかった気はします。
まあしかし・・・
言うて「Neo ATLAS」もう時間を忘れてプレイしてしまい本当に楽しいです。
特に任天堂スイッチとは相性抜群、出先やちょっとした時間にプレイするのに最適。
だからこそボリューm(ry

一見魅力のわかり辛いゲームではあるんですが、個人的にはボリューム5倍盛りの続編が欲しくてしょうがないので、特にまったり系のゲームが好きな人には「激推し」のタイトルである点については太鼓判を押しておこうと思います。

Neo ATLAS 1469

ランダム要素

llc20190427c.jpg

世界地図完成度100%達成、一週目終了。
ゲーム開始当初ボリュームに不安があったんですが全然そんな事は無かったです。
地図100%達成にかかった時間は100時間らしく・・・まあ確かにプレイし出すとあっという間に時間が過ぎていったのでそんなもんなんだと思います。
この100時間中、手の空いた時間というのは殆ど無く、貿易航路の開拓、地図開拓、大陸調査、海賊対応と大忙し。
また、一度のクリアでは多分ゲームの半分程度の要素しか解放できず、新たな気持ちでプレイできる二週目が待っています。
ボリュームが不安どころかかなりの大ボリュームです。
個人的には一週目はザっと終わらせて、世界の成り立ちに関する大きな「あの」選択に関しては本命をとっておき、2週目で本気を出していった方が楽しめるかなと思います。

というのも、このゲームの世界地図はランダムで形成される為、場合によってはイベント(エピソード)クリアに必要な町やアイテムが出現しなかったりします。
同様に、色々なアイテムがどうも出てこない事があり、その辺の事前知識が無いと色んな物を一週目だと取り逃すし、未完のエピソードも出てきます。
今どきオートセーブでは無く、セーブデータが豊富にストックしておけるのは多分その為。
ある程度の進行状況でセーブデータを作っておくと良いのかもしれません。
かといって巻き戻ってやり直すのもげんなりなんですが・・・
おそらく全てをコンプリートするには2週どころか何週もする必要があり、かつ、攻略本が必須のような気がします。
アクセス不能な内海に港が出来ちゃったりする、ある意味ほったらかしで自由なこのランダム要素はこのゲームの魅力でもあり、難点でもあるかもしれません。

llc20181127ac.jpg

Neo ATLAS 1469

まとめ

llc20190427c.jpg

プレイ時間としては十分過ぎる程なんですが、それでももっとボリュームが欲しいです。
時間数ではなくて、全体的に密度が欲しかったです。
内陸探索とかがあって欲しいぐらい。
エピソードも質の高いものが多くて良いんですが、一枚絵とテキストのみの内容である分、本数が倍ぐらいは欲しかったと思います。
作りとしてはいくらでも内容を足して濃くして行けるものだと思うので、DLCとかで何か色々足して欲しいとは思います。
また、UI上の大問題として、高倍率でないと発見できない町やアイテムについて、何らかの形でアクセスし易くするショートカットを作る必要があったと思います。
現状でもかなり補完されてはいるんですが、それでも「何処に何があったか」わからなくなってしまう場面が多々あるので、特に既に発見済みのものへのアクセス経路はもっと簡単であるべきだったと思います。
ある意味アナログなUIが魅力でもあるんですが、正直不便な部分が多いので(特に貿易航路作成時)、ここはばっさりシステマチックにリストと地図を同時に表示して、目的のアイテムや場所と地図を連動表示させるぐらいのUIが欲しかったです。

「Neo ATLAS 1469」の全体的な印象としてはコンシューマ全盛時代を彷彿とさせる古き良き名作シュミレーションという感じです。
ビジュアル面がかなりシンプルですが、雰囲気や音楽、プレイ感は非常に良く、かつ長時間プレイしていても飽きる事無く熱中していられます。
意外と忙しいという点もそうですが、やっぱりキャラの個性や世界観作りが圧倒的に上手いというのがその一因として大きいです。
本当にユニークで丁寧に作られたゲームなので、少し変わった質の高いシュミレーションがプレイしたい場合には特にお勧めできるゲームだと思います。

[ 79 ] グラフィック
[ 88 ] 音楽
[ 82 ] ストーリー性
[ 83 ] システム面
[ 80 ] 操作性
[ 81 ] 難易度バランス
[ 88 ] ボリューム
[ 88 ] 中毒性
[ 84 ] 熱中度
お勧め度 [ 82 / 100 ] Point

Neo ATLAS 1469 [ Analysis ]

llc20181127ac.jpg

Neo ATLAS 1469

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA