Travis Strikes Again: No More Heroes

llc20190907a.jpg

「Travis Strikes Again: No More Heroes」は2.5D電脳世界を舞台に展開するスピーディーなアクションゲーム。主人公「Travis」をはじめとする個性の光る登場人物と味のあるテキスト、そしてシナリオがとても魅力的なタイトル。ゲームデザインはインディーズライクではあるが実際の内容は、演出、UI、難易度調整、どこをとってもCS機譲りの品質であり「インディーズ」という言葉から受ける印象を裏切るかの如くゲームの核部分の完成度は非常に高い。本作は「No More Heroes」シリーズ中の三作目に辺り、おそらくは2020年内に発売が予定されている正式ナンバリングタイトル「No More Heroes 3」への布石としての意味合いが大きいタイトルであると言える。

Travis Strikes Again: No More Heroes□
Action┤
Nintendo Switch/PS4/Steam┤
2980-3980JP_yen┤
2019/1/18_Rerease┘

llc20190517c.jpg

Travis Strikes Again: No More Heroes

Gallery

llc20190517c.jpg

llc20190517c.jpg

llc20190517c.jpg

llc20190517c.jpg

llc20190517c.jpg

llc20190517c.jpg

llc20190517c.jpg

llc20190517c.jpg

llc20190517c.jpg

llc20190517c.jpg

llc20190517c.jpg

llc20190517c.jpg

llc20190517c.jpg

llc20190517c.jpg

llc20190517c.jpg

llc20190517c.jpg

llc20190517c.jpg

_Date/Play_Time-17h00m/All Stage ‘Bitter’ clear

Travis Strikes Again: No More Heroes

解析

llc20190517c.jpg

「No More Heroes 3」へ向けてプレイしておきたいと思ったのでSteamセールにて購入。CS機上でのリリース中は辛辣な批判を受けたもののSteam上では非常に高く評価されている。Steam上での評価の大部分はセール価格をベースとしたものと思われるのでネックは価格であったのかという予想も成り立つ。また、CS機市場がインディーズゲームへの理解や未完成感を味とするノリを許容する柔軟性が無かったという可能性もある。現状のCS機ゲームは至れり尽くせりで恵まれすぎているというのも問題なのかもしれない。つまるところ、このタイトルはCSリリース時期の多くの下馬評に反して普通にとても面白い。プレイするほどに管理人のセンサーに狂いが無かったことを実感した。だがしかし、もしフルプライスで購入していたとしたら・・・若干不満だったかもしれない。

ストーリーや世界観

本作の戦いの舞台は「デスドライブMarkⅡ」と呼ばれる伝説のレトロハードが作り出すバグった電脳世界がベースとなる。半分壊れたパンクでメタルで退廃的な世界観は唯一無二の迫力と魅力に満ち溢れており、近く見ないほどの気鋭の才能が本作に宿っていることを体感できる。おそくらストーリー周りについて本作で一番秀逸なのは実は退屈と思われがちなレトロ風アドベンチャーパートの存在ではないかと思う。あまりにレトロで一体何時の時代をベースとしているのか管理人にもわからないこのアドベンチャーシナリオは意味不明ながらもストーリーに大きな厚みを加えることに成功している。特にDLCバッドマンシナリオは必携の出来栄えである。

究極のバカゲー

忘れてはならないのは・・・Travis Strikes Again: No More Heroesは「バカゲー」であるという点。はっきり言う所、このタイトルはあらゆる点でふざけている。正直色んな所で色んなものを微妙にパクッていてクスッときてしょうがない。結構ふざけまくっているのでこのノリが許容できなかった場合とても不快かもしれない。しかし管理人はとても楽しめた。特にゴールデン・ドラゴンGPのステージの生歌はかなり良かった、中々ここまでやるゲームは無く、この衝撃の生歌と肩を並べられるのはペルソナ初作のドラッグショップのテーマソングぐらいだろう。

アクション

アクションゲームとしての側面を見る時、本作は簡単に言うと単純で平坦で厚みと深みに欠けると思う。ビーム刀を振り回し四つのスキルをクール毎に回し時折必殺の一撃を繰り出して行くのが基本であり全てとなる。ビーム刀が攻撃によって消耗して行くので時に充電しなければいけないというのがミソで、特に常用されがちな「弱」攻撃による刀の消耗が激しく、高難易度を切り抜けるには消耗が少なく威力の大きい、しかし同様に隙も大きい「強」攻撃を使いこなさなければならないというのは良く考えられた良いポイントだと思う。

特にスピードとテンポに優れ好印象だが全体的に「薄い」印象があるのが本作のアクションの泣き所。DLCキャラクターも固有スキルがある点以外は殆どTravisと変わらないし、アクションにあと一次元二次元足りないような気がしてならない。

インディーズゲームではない

冒頭文の通り、限りなく「インディーズライク」なゲームデザインではあるが本作は決してインディーズゲームでは無い。つまりもっと良く出来ている。しかしアクションシステムは大体インディーズゲームではある。例えば今回の管理人のようにセール価格で手に入れるゲームとしては出来過ぎたものであり、リリースと同時にフルで購入するには至らないタイトルであったのかもしれない。個人的にはとても楽しめたし何より過去作にとても興味が湧いたので中古のWii買ってやろうかと思っていたりもする。特に演出とシナリオ、セリフ回しの素晴らしさは他に類を見ず、何より主人公Travisが格好良すぎて素晴らしい。No More Heroes 3がとても楽しみ。

[ 79 / 100 ]

Travis Strikes Again: No More Heroes  [ 79 point ]

llc20190517c.jpg

Travis Strikes Again: No More Heroes

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA