オーディンスフィア レイヴスラシル

llc20190507a.jpg

そろそろソニーがPS5情報を小出しにしてきた今こそ、むしろPS4熟成期なんだろうなと勝手に思ったのでPS4を購入してみました。
自分がプレイしてみたいPS4系統のタイトルがリーズナブルプライスで復刻したというのも結構デカかったりもします。
そんなわけで今回はまず「オーディンスフィア レイヴスラシル」をプレイしてみました。
女神転生シリーズで有名なATLUSが生み出した美麗2Dグラフィックアクションの系譜に属する初期作?では無いかと思います。

ODIN SPHERE LEIFDRASIR

ストーリー面

llc20190507c.jpg

北欧神話に着想を得たオリジナルストーリーが終始展開。
5人の主要キャラクターの大体同時間軸に於ける様々な出来事を、人物と視点を変えて次々プレイして行くのが基本の流れ。
イベントシーンに大きなムービー等は無く、2Dキャラとボイス(メッセージ)によって物語が展開して行く事になります。
内容が乙女チックだったりするので、男がプレイしていると結構というかかなり気恥ずかしいかも。
展開やセリフ回しがどことなくミュージカル?のようで、大げさで詩的で普通言わないような事をサラッと言っちゃったりもします。

オーディンスフィアではこのストーリー面にもかなり力が入っていて、ムービーは無いものの相当の数のイベントと膨大なボイスによってプレイヤーは物語の輪郭をなぞる事になります。
ただ・・・
5人の視点から成るストーリーの全体像は全てプレイしてみてもわかり辛く、正直クリアしても全容はあんまり理解できませんでした。
この時に彼がこうで彼女がこうなってとか、何か頭がこんがらがってよくわからんです。
事に、時間軸系に触れたストーリーはどうしてもこうなりがちなのでしょうがないのかも。
個々の物語はそれぞれである程度完結しているし、重要な事は伝わるので良いかなと。
ただそんな感じでぼんやりプレイしていると最後の辺で「え?そんなのわからんし」ってなる可能性も無きにしもあらず。

各人物の個性や描き方はしっかりしているし、何かちょっと辻褄が合わないような部分もあるように思えても物語は興味深くもあり、ちょっとドロドロで残酷な内容も北欧神話っぽく、中々楽しめると思います。

llc20190507c.jpg

ODIN SPHERE LEIFDRASIR

アクション

llc20190507c.jpg

オーディンスフィアのアクションは2D横スクロールタイプ。
キャラクターやエフェクト、全てがデカくて派手。
各キャラクターのモーションは非常に事細かく描かれていて美麗の一言。
テンポとコンボを主体としたスピード感あるアクションのプレイ感はとても良いです。
が、しかし・・・
非常に残念な事に操作性がかなり悪いです。
何がマズいって一番マズいのがダッシュ攻撃の暴発、原因として考えられるのは攻撃と防御とダッシュ攻撃&溜め攻撃全てが同じボタン始動である点がとてもマズいんだと思います。
特にダッシュ攻撃は攻撃ボタンを押しながら移動キーで発動する為、色んな所で暴発しまくり。
故に・・・ガードしようとしたら何故か敵に突進してしまうという場面が多々見られます。
溜め攻撃も強力なのに発動にクセがあり(しゃがみが先に解除されると発動しない)失敗する事が多く実用性に欠けます。
また、空中アクションが豊富なのは良いんですが、若干慣性のあるフワフワした操作性とダッシュ攻撃暴発が合わさり、空中制御が結構ストレスなのもいただけない。
アクション主体のゲームで操作性が悪いゲームは実の話言うてかなり少ないんですが、このタイトルはちょっと類をみないぐらいこの部分がマズい・・・
各キャラ毎のアクションはとても豊富だし、モーションなんかも綺麗で格好良く素晴らしいです。
打撃感とか効果音も良いです。
でも何かこうフワフワしていてメリハリが無く、しっくりこない感じが拭えないのは多分この操作性に原因があるような気がします。
やっぱり基本はワンボタンワンアクション、2キー操作があまりにも混在してしまうといかんのです。

思い通りに操作できない場面が多く、結局ゴリ押し連打に頼ってしまうし、それで進めて行けるので・・・出来は良いけど何かこう煮え切らない感じなのは結構残念。
まあでも操作にストレスはあれどアクションシーンは普通に楽しいです、何百もChainする攻撃とか緩めの難易度とかゴリゴリコンボする感じとか。
ただ今一歩、メリハリに欠けて上手く操作できないのは大きな欠点かもしれません。

llc20190507c.jpg

ODIN SPHERE LEIFDRASIR

システム面

llc20190507c.jpg

llc20190507c.jpg

llc20190507c.jpg

llc20190507c.jpg

オーディンスフィアはシステム的にはオーソドックスなアクションRPGスタイルです。
自キャラはレベル制、レベルアップによって得られるスキルポイントと敵を倒したりすると得られるフォゾンを使用してキャラクターを強化して行きます。
新たなアクションスキルは道中エリア内の決まったポイントの宝箱、ストーリー進行等によって回収します。
自キャラの装備品は補助装飾品が三つのみ装備可能です、武器や防具は固定となります。

変わったシステムとしては、オーディンスフィアでは何かを料理してもらってひたすら食べるという点に力が入っており、道中様々な料理のレシピを入手し、休憩ポイントで集めた素材を使用し料理してもらい大量の経験値を得る事が出来ます。
敵を倒す事によって得られる経験値よりも、この料理によるレベルアップの方がデカいと思われるので、積極的に色々作って食べまくると良いです。

あとは道中に落ちている素材と空瓶を使用する事で各マジックポーションを合成する事が可能。
主に投げて使用する事で様々なマジック効果を得る事ができます。
基本的にマジック選択中はアクションが一時停止するし、使用は瞬時である為、特に強敵との戦闘では連続使用する事で非常に有効な回復&攻撃手段になります。

システム面は大体そんな感じ、色々ステータスパラメーターもあるようですがプレイ中それらを意識する事は殆どと言うか全く無いです。
装備アイテムもそんなに種類は無いので、収集するという程では無いです。
各キャラのアクションも豊富ではあれ必要充分数、シンプルにワンプレイで楽しむのに見合ったシステムだと思います。

llc20190507c.jpg

ODIN SPHERE LEIFDRASIR

映像美

llc20190507c.jpg

まあとにかくオーディンスフィアは全編グラフィックが超美麗です。
細部まで描き込まれた流麗なキャラクターのアクションは素晴らしいです。
2Dアクションとしては他に類を見ない最高レベルのグラフィックは一見の価値あり。
ストーリーはぶっちゃけ完全に女子向けですが、展開は作り込まれているし悪くない感じです。
ただ、5人のストーリーを追う為に5回同じステージを繰り返しレベル1からやり直してプレイするのは結構苦痛かも。
もうちょっとステージと敵の種類にバリエーションが欲しかったです。

全体的にはもの凄く丁寧に作られた秀作だと思うんですが、操作性が問題なのかアクションが今一しっくりこない感が拭えないです。
ボスもゴリ押し連打で余裕で倒せちゃったり、かと思ったら中ボスが異様に強かったり、難易度がちぐはぐなのも問題なのかも。
或いはやっぱり全体的にアクションが大味で奥深さに大きく欠けるのもいかんのかも。
まあでもざっくりおおらかにワンプレイ、最初から最後までプレイするにはとても楽しいタイトルではないかと思います。
気に入ったら色々ラストストーリーを回収するのも良いかもしれません。

[ 94 ] グラフィック
[ 80 ] 音楽
[ 83 ] ストーリー性
[ 81 ] システム面
[ 67 ] 操作性
[ 74 ] 難易度バランス
[ 79 ] ボリューム
[ 84 ] コンボアクション
[ 80 ] 熱中度
お勧め度 [ 80 / 100 ] Point

オーディンスフィア レイヴスラシル [ Analysis ]

llc20190507c.jpg

ODIN SPHERE LEIFDRASIR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA