OverWatch

llc20181215a.jpg

何かタイトル画像がとても微妙なんですが・・・遡る事数年前から買おうと思っていたOverWatchをやっと購入しました(遅
まあ自分には向かないだろうという事で遠ざけていたゲームだったんですが、スイッチのPALADINSをプレイした所意外と楽しかったのでPC版PALADINSをプレイするようになり、丁度ブラックフライデーとかで安かったOverWatchを何時の間にか購入していたという流れだったりします。
こういったFPSもといTPS視点の対戦ゲームというのは今でこそ実況界の覇権を握っていますが、実はOverWatchが流行るまでは相当ニッチなジャンルのゲームでした。
それまでもバトルフィールド辺りで根強いファン層を築いてはいたものの、やっぱりマニアックな部類のゲームだったわけです。

そこにきてOverWatchはそのカジュアルなビジュアルとキャッチ―なゲーム内容によってあっという間にライトなファン層を大獲得、こういった対戦ジャンルを一気にメジャームーブメントの波へと押し上げました。
その後この波に乗ってやってきたPUBGやFortniteに押され人気は縮小していますが、今でも多くのファンを生み出し続けているゲームとなっています。
運営がBLIZZARDなので今後も末永いサポートが保証されているようなものであり、導入コストも内容には見合わない程に安く要求スペックも非常に低いです。
BLIZZARDのゲームに対するこういったスタンスは業界の傾向に対して非常に稀であり、本当に評価されるべきポイントだと思います。

OverWatch

ファーストインプレッション

llc20181215c.jpg

チュートリアル <

llc20181215c.jpg

タンク系 <

llc20181215c.jpg

共闘 <

llc20181215c.jpg

トレジャーボックス <

一応適当にチュートリアルをこなしつつ、最初はAI戦を一回だけやったりしつつ、念のため各キャラをトレーニングで触ってみつつ、その後すぐにクイックマッチングを始めてみました。
ざっくりとした感じ、少しストイックなPALADINSという印象。
PALADINSよりも各キャラのスキルは少なく限定的、ヒーローの運用方法自体は殆ど一本に絞られていると言っても良く、反面、使用者のスキルがモロに反映される印象です。
また、上手く立ち回るとそんなに死なないし、逆に上手い相手は中々キルを取る事が出来ない事も同時に意味します。
PALADINSはちょっと大雑把すぎたり強すぎるスキルがあると思いますが、OverWatchはその辺りのバランス取りが巧妙でそうそう無双する事は出来ません。
この辺りはおそらくこの数年の内に少しづつ調整されていった結果なんだろうなと思います。

また、PALADINSは相当適当なチーム構成だろうがなんだろうが皆自分の好きなキャラを使ってガヤガヤやっている感じですが、OverWatchの場合チーム構成が結構重要です。
その為、タンク、アタッカー、ヒーラーの3ポジションから最低でも各一人は扱えるヒーローを見つけておいた方が良いです。
必須というわけでも無いんですが、状況によっては使い分けられた方が良い局面が多いです。
先の通り、各ヒーローの運用方法は限定的なので、代わりに複数のヒーローを使いこなせたほうがより良いのがOverWatchです。
状況に応じて臨機応変に器用にヒーローを交代するのがエレガントかもしれません。

サクッと数時間

OverWatchであれPALADINSであれ、こういったゲームの何よりも良い点として、一度慣れてしまえば覚える事は多くは無く、それでいて短い時間で末永く楽しむ事が出来るという点が挙げられると思います。
とてもスポーティーで後腐れみたいなものが無いのはとても良いです。
ゲームは一日一時間じゃないけど、本当にそれぐらいの時間でもサクッとかなり楽しめるのは素晴らしい点です。
多分僕自身もチョロチョロなが~くプレイする感じになるので、OverWatchの記事はネタが無い時に度々登場してくるかもしれません(え

llc20181207c.jpg

OverWatch

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA