ペルソナ5 スクランブル

llc20190907a.jpg

ペルソナ5 スクランブルをプレイしてみたので記事にしてみようと思います。
今回からゲーム記事はラフに自分なりの感想のみを身勝手に述べて行く感じにしようと思います。
元々僕は早解きみたいなプレイスタイルは苦手で、ゲームは適当にまったりプレイするのでコンシューマの新作ラッシュになんて到底ついて行けないし、そうなるとトレンドに乗れないレビュー記事っていうのはあんまり意味が無いので。
その辺はプロ、IGNさんにでも任せようではないかと。

さて話をペルソナ5 スクランブルに戻すとして、このタイトルはターンベースRPGの巨匠ペルソナ5(およびロイヤル版)のスピンオフタイトルという事で間違いないと思います。
何故か発売日付近や直後で「正統続編」とか言い出していたのはとても謎なんですが、プレイしてみればはっきりわかる通りペルソナ5のバトルをアクションにした完全なるスピンオフ作品です。
ペルソナ5未プレイでもそこそこ面白いと思うんですが基本ペルソナ5ありきのタイトルです。
バトルこそアクションになっていますが、内容的にはほぼペルソナ5なので、怪盗団のゴタゴタ劇の続きが見たい人には正にうってつけのタイトルと言えると思います。

llc20190517c.jpg

PERSONA5 SCRAMBLE

STORY & WORLD

llc20190517c.jpg

今作のストーリーは全体的にとてもストレート。
怪盗団が日本各地の悪党を懲らしめながら旅を続けて行く感じ。
話の内容は古典的な義理人情に訴えかける水戸黄門的な展開なのでベタといえばベタベタで、ペルソナ5の王道を行くといえば確かにそういう内容。
また、ペルソナ5では色々育成アドベンチャーゲーム的な要素がストーリー方面に散りばめられていたんですが、スクランブルではそれは全く無し、ストーリーは殆どオートで進行しプレイヤーはそれをひたすら追うだけです。
時としてサブイベントなんて本当に文字だけで片付けられてしまうので、この辺の薄っぺら感はなんともいただけない。
サブクエも結構あるけどオマケみたいなもんで内容は簡単なお使い程度のもんです。

llc20190517c.jpg

最終的に話の核は「長谷川善吉」と「ソフィア」に関する内容へと移り、終盤に向けて膨らんで行きます。
ただぶっちゃけ「ソフィア」は存在が存在だけに、なんか今一内容が伝わってこないです。
反面「善吉」は非常に良い味を出しているキャラクターで、善吉で今作は結構もってるなという感じはあります。
全体としてみるとペルソナ5に比べると話はかなりありきたりで面白味に欠けます。
まあただ今回今作はアクションなので、こういう感じでもありと言えばありではないかなと。
ちゃんと最後まで完結しているし、普通に楽しめる感じで作られているという印象です。

llc20190517c.jpg

PERSONA5 SCRAMBLE

BATTLE

llc20190517c.jpg

さて、今作の注目点はやっぱり何と言ってもバトルアクションに尽きるんじゃないかと。
僕は殆どプレイした事は無いんですが、基本アクションのベースは「無双シリーズ」という事になるらしいです。
プレイ動画なんかを見ているともう本当に面白そうでやってみたくてたまらなかったんですが、実際プレイしてみるとこれが結構微妙。
何が微妙ってまずその攻撃の操作方法。
キャラクターの技が基本的に通常攻撃からの派生コンボでしか繰り出せないという点、これが非常に微妙。
□□△とか□□□□△とか、出したい技は△の部分なのにそこに至るには必ず通常攻撃を連打しないといけないわけです。
しかし、ぶっちゃけ殆どの場合△の部分の出したい技を出す前に被弾してコンボが途切れてしまいます。
そうなると最も有効なのはジャンプからの□△という最速コンボという事になり、結果ひたすらジャンプ攻撃を単調に連打しまくるというとても退屈なバトルが延々と続いてしまいます。
もちろん確かにペルソナを個別に召喚して魔法をぶち当てることは出来るんですが、それだとSPが足りないのでやっぱりジャンプ攻撃連打になってしまうわけです。
うーんなんだろ、思うにこのコンボシステムは元々は無双ゲーム特有のもので、ペルソナ5スクランブルには合っていないんじゃないかと。
また、ペルソナは結構沢山いるものの、繰り出す技はどれも似たり寄ったりで存在感がとても薄いのも残念。
スキルもあまり個性的なエフェクトのものが無くて、なんかどれも似ているし効果も違いがはっきりしないし・・・
とにかく意味もなく通常攻撃を連打しなくちゃいけないこの攻撃システムは退屈で単調だし、アクションゲームとしてそんなに面白くないと僕は思います。

また、もう一点、とても頂けない部分として「破壊的なカメラワーク」と「どうしようもないターゲッティングシステム」が挙げられると思います。
まあとにかく今作、カメラワークがとても悪いです。
なんだろ何がいけないんだろうか、多分カメラが基本操作キャラに近付き過ぎなんだと思うんですが、敵に近付くと何が何だかもうさっぱりわからなくなります。
で、これはイカンって思って敵をターゲットしてカメラを安定させようとするんですが、何かこれが全然上手くいきません。
もちろんターゲットすればカメラは安定するんですが、基本強い敵をターゲットしてしまうので雑魚集団とかを先に潰したい時とかには役に立たんわけです。
ある程度敵の密集した部分へカメラが自動的に引いた感じで補足してくれると良かったんですけどね・・・
正直もうこれはどうしようもないので慣れるしかない部分、慣れてくると画面上では何が起こっているのか8割型わからなくても結構戦えます、慣れってすごいなぁ・・・

llc20190517c.jpg

期待していたよりも穴の多い今作のバトルではあったものの、良い部分も結構あります。
まず、総攻撃、SHOWTIMEなど爽快感抜群な全体攻撃の存在が挙げられます。
ピチピチチマチマ通常攻撃を連打し、これらの超爆撃をかましてやる感覚はとてもヨロシ。
そして途中では敵のガードゲージを破壊しワンモア攻撃へ繋げたり、味方との連携攻撃をかましたり、この辺の出来栄えは非常に良いです。
また、やっぱり元がRPGだけに敵との相性を考えて色々ペルソナを切り替えたりして工夫する部分の出来はそこそこ悪くはないです。
ただ、ターン性バトルだった頃程の戦略性の奥深さは無く、それにともないペルソナの個性と意義も失われているのはしょうがない部分か。
そもそもジャンルすら違う全く異なったゲーム性なのにスキルはそのまんまなのが大きな問題でもあるような気はする・・・
まあでもペルソナバトルと呼べる内容で上手くまとまっているのは評価できる点ではあるのかも。

全体としてみると、メチャクチャ単調ではあるもののテンポはとても良く、爽快感もあり、マイナス面を盛り返すぐらい良い部分もあるので出来は悪くはない印象です。
ただ、今一歩楽しめないのはやっぱり、ペルソナシステムがアクションゲームに対して全然最適化されていない点にあるような気がします。
ペルソナの固有技がワンボタンで出せるようなシステムがあれば全然違ったのになと思ったりもします。
出来は悪くないけど調整不足&ペルソナシステムが「ただ持ってきただけ」で安易過ぎるのが残念な所です。

llc20190517c.jpg

PERSONA5 SCRAMBLE

OVERALL

llc20190517c.jpg

全サブクエを制覇、まったりめにプレイしてクリアまで大体僕は50時間ぐらい。
超難易度の2週目があるようですが、そこまではちょっという感じ。
ただ難易度がシビアになればなるほどペルソナの耐性や相性が大切になりシステマチックな面白さが浮き彫りになってくるはずなので、余力のある人は2週目もまだまだ楽しめるはず。

llc20190517c.jpg

スピンオフ作品としては納得の内容で、怪盗団の後日談を楽しむには良いタイトル。
ただバトルは思ったほどでも無かったので、その辺に期待するなら他の無双系の方が良いのかも。
まあやっぱりファン向けのタイトルなのかという所。
厳しめに言うなれば、ちょっと作りが安易ではないか思う面多数。
どれだけペルソナ5が好きだったかが最重要なのかもしれない。

[ 79 / 100 ]

ペルソナ5 スクランブル  [ 79 point ]

llc20190517c.jpg

PERSONA5 SCRAMBLE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA