Project Highrise

llc20181211a.jpg

随分前に既にSteam版を購入してあったんですが、今年の夏ぐらいにローカライズされたので年内にはプレイしようと思っていた「Project Highrise」をプレイしてみました。
これを購入した理由というのは多分多くの人がそうだと思うんですが・・・
何やら著作権云々の問題から、あまり日の目を見る事無く消えて行ってしまったシュミレーションの名作「The Tower」を思い起こしての事だったりします。
人々のビルでの生活を眺め、生活感ある味のあるBGMと2Dキャラの影絵のようなアニメーションに浸りながらビルを拡張して行くあの感じ・・・非常にユニークで良くできたゲームだったと思います。
今でも何か色々プレイする方法はあるかと思うので、興味のある方は一度プレイし見ると良いと思います。

Project Highrise

基本的な流れ

llc20181211c.jpg

電気 ガス 水道 電話 ライフラインの確保 <

llc20181211c.jpg

オフィスの設置 <

llc20181211c.jpg

拡張 <

llc20181211c.jpg

黒字化 <

ビル内に設置できるオフィスや住宅といったテナントは殆どの場合、「電気」「ガス」「水道」「電話回線」等の基本的なライフラインを必要とします。
これらのライフラインは基本地下1階にデフォルで全て横一線で走っており、多くの場合この地下一階に配電盤?とかポンプ?とかを設置し各階へと供給する必要があります。
この基本ライフラインが無い場合、せっかく何かを設置して人が入ってきても即効で退去してしまうので注意が必要です。
また、テナントによっては基本的なライフラインの他に関連する付帯施設を要求する場合も多く、より大きなオフィス、住宅等を設置するほどに、これらの要求が厳しく面倒になってゆきます。
その為、いきなり大きなテナントは設置することは出来ず、流れに沿って徐々にビルを育てて行くことになります。

「Project Highrise」はゲーム中にヘルプは良く表示され、各テナントをクリックしたり設置する際、詳しい設置条件などは表示されますが、基本的にチュートリアルというものは無いです。
最初は基本のライフラインを整えた後、適当にオフィスを設置して行けばある程度進めて行けると思います。
一応お金を借りる事も出来ますが、短期で赤字化を脱出できるきっちりとした計画が無いとおそらく焼石に水状態になるのでやめた方が良いです。
僕も最初は失敗したんですが、最初からビルを高くしていってしまうとエレベーターの維持費が厳しいので、階段で不満が出ないレベルの階層で横に拡張していった方が良いようです。

とりあえず難易度「易しい」なら、一度黒字化してしまえば後はそうそう破産する事は無く、ビル作りを楽しめる状態に持っていけます。

llc20181201c.jpg

Project Highrise

Sim Tower

llc20181211c.jpg

大ショッピングフロア計画大失敗の図 <

ゲーム開始~黒字化まで 3倍速

まだ色々アンロックされていない要素も多いですが、サッとプレイした感じ、シム系とThe Towerを足して2で割ったようなゲームという感じです。
The Towerは特にエレベーター管理が非常に難しいゲームだったんですが、本作ではその辺は結構アバウト。
その代わり、騒音や匂い、ライフライン、付帯施設、ゴミ、汚れ、等、管理するべき項目が多く、それらが複合的に住民のストレスに影響してきます。
また、システム的にも結構複雑でもあり、把握するのも中々大変です。
どちらかというと、ビルを舞台にしたシム系のゲームと言った方が近いと思います。
元々違うゲームなので比べてもしょうがないんですが、The Towerにあった何とも言えない独特の「まったり感」を求めるとちょっと違った感じにガッカリするかもしれません。
生活感みたいなものは無くて、全体的に小奇麗なゲームデザインですが、これはこれでまた良いものだとも思います。
一度始めてしまうと中々辞め時が見つけられず、ついつい夜遅くまでプレイしてしまう、スルメ系のゲームで中々良い感じです。

Project Highrise

中盤ぐらいの感じ

llc20181212c.jpg

突然の連続退去 <

llc20181212c.jpg

騒音と匂い <

llc20181212c.jpg

コンサルタントの活用 <

llc20181212c.jpg

アートの配置 <

比較的小さいテナントは詰めて配置しても問題無いようなんですが、どんどんグレードの高いテナントになる程「騒音」や「匂い」等のパラメーターに注意を払う必要が出てきます。
入居当初は大丈夫なんですが、これらのストレス値が徐々に加算されて行くと後々確実に退去してしまいます。
テナントが退去してしまうと収支への悪影響が出るのは当然として、もっとまずいのはテナントの撤去にかなりの時間がかかり、その間作業員がビルの拡張に手が回らなくなる事です。
連続でテナントが撤去してまうと、一時的に撤去作業以外の一切の建築作業が出来なくなってしまいます。
僕の場合、どうも医療系のテナントが高層階を嫌うらしく、大分経ってから医療系テナントが一気に根こそぎ退去してしまい焦った場面があったりしました。
テナントによっては「エレベーターの近くを好む」とか「低層階への配置を望む」とか、そんな感じで設置時に条件が書かれているので、よく読んだ方が良いようです。
また、ショップ系のテナントも一気に配置すると客足が分散し売り上げが出なくなってしまうので、特に大きなショップになるほど、一つ一つ十分な集客があるかどうか確認しながら慎重に配置した方が良いです。

コンサルタントとアート

ビルを運営していると様々な場面で「影響力ポイント」が溜まっていきます(握手マークみたいなやつ)。
これを使うことでアートオブジェクトや大型運営事務所等、新しい要素をアンロック出来るのでどんどん有効活用して行くと良いです。
ゲームを進めるとテナントはどんどん高級なものになって行き、それに伴い配置の仕方にも様々な工夫が必要になってきます。
この辺に悪戦苦闘するのが中盤の難所なのかという感じです。

llc20181212c.jpg

Project Highrise

終盤ぐらい

llc20181213c.jpg

本社オフィス誘致 <

llc20181213c.jpg

地下鉄駅の設置 <

llc20181213c.jpg

高級アパート設置 <

llc20181213c.jpg

ブルジョワ層誘致 <

地下鉄を設置してオフィステナントの最上位「本社」を誘致する辺りから大体出来る事は終盤ぐらい?
その後高級アパート系テナントを拡充する事になるんですが、この辺りから地下が配電盤やショップ倉庫、ゴミ捨て場等によってスペース的に厳しくなってきます。
色々と最適化して地下のスペースを確保する必要があります。
そして、最終的にはアパート系テナントの最上位、テラス型?のテナントを設置すると大体ゲームとして出来る事は網羅した感じになります。
この辺りに来る頃・・・というか、難易度「易しい」だと一旦黒字化してしまえば後は倍々ゲームみたいなもので、ほとんど資金繰りに困る事は無かったです。
最上位のレストランだけ指標ポイント?だったか何か、ポイントが足りなくてアンロック出来なかったんですが、大体おおよそこの辺りでこれ以上プレイする意味が無くなってきます。
もしかすると「契約」をどんどんこなしていくとエンディング的な何かがあるのかもしれないです。

llc20181213c.jpg

Project Highrise

まとめ

思った以上にあっさりとしたゲームで、あっという間にサラッと終わってしまった印象。
色々とシム系らしいパラメーターやデータ管理はあれど、それほど複雑ではなく、ある程度適当でも先に進めてしまうかも。
各テナントをアップで観察してみると細かく描かれているし、住民も一人ひとりしっかり動き回ります。
でもやっぱりどこかあっさりし過ぎていて物足りないです。
どうしても「The Tower」と比べてしまい、人々が生活している感が圧倒的に足りなくて見ていて寂しい印象です。
こういうゲームはある意味「環境ゲー」的な趣向も強いので、この辺が弱いのが残念な部分。
ゲームの奥行もそれ程無いので、少し長く楽しみたい場合、最初から高難易度でプレイした方が良いかもしれません。
ゲームの動作自体が軽いので、ノートPCとかに入れておいて空いた時間に高難易度でサラッとプレイしてみるというのはありかもしれないです。

[ 78 ] グラフィック
[ 73 ] 音楽
[ — ] ストーリー性
[ 75 ] システム面
[ 82 ] 操作性
[ 75 ] 難易度バランス
[ 67 ] ボリューム
[ 80 ] まったりプレイ
[ 70 ] 熱中度
お勧め度 [ 73 / 100 ] Point

Project Highrise [ Analysis ]

Project Highrise

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA