RISK OF RAIN

llc20180501a.jpg

年度末ウェーブの波に乗りおもむろにNintendo Switchを買い直したものの、プレイするソフトが決まらず「RISK OF RAIN」を何気なくダラダラ再プレイしていたので改めてレビューしてみようと思います。
この「RISK OF RAIN」はそんなに凄い面白いってわけでもなく、結論から言って佳作なんですが名作でもあるという不思議なローグ系アクションゲームです。
特にローカライズされておらず、言語も日本語は無いので、英語のアイテム効果程度をプレイしながら何となく読めた方が良いかもしれません。

Steam

RISK OF RAIN

ローグ オブ ローグ

llc20180501c.jpg

llc20180501c.jpg

llc20180501c.jpg

全12プレイヤブルキャラクター

llc20180501c.jpg

隠し要素アンロックアイテム

llc20180501a.jpg

Banbanban! <

このゲームは基本、もの凄くちっこいキャラクターをチマチマ操作しながら、ランダムなパワーUPアイテムを収集しつつランダムなマップを探索、次のステージへのテレポーターを探し出し、ボスを倒してどんどん進めて行くゲーム。
ステージ数は一応5ステージ、最終ステージへ進まず延々と1~4ステージをループする事も可能。
画面右上にあるのが難易度ゲージで、RISK OF RAINでは時間が経つごとにどんどん勝手に難易度が上昇していく為、その目安となるゲージとなっている。
この時間経過による難易度上昇は劇的で、さっさと進めてどんどんパワーUPして行かないとあっという間に無理ゲー状態と化すので注意が必要。
プレイヤーキャラは最初は3人で、自然にアンロックされたり、ステージ中に配置されていたりと最終的に12人になる。
それぞれが個性的な四つのスキルを持ち(クールタイム制)、どのキャラも非常にユニークで工夫されているので12通りの楽しみ方があると言っても過言では無い。

とても小さいながらも個性的なキャラクターがチマチマ奮闘する姿を見ると何となく愛着が湧いてくる。
チクチク進み、プチっと死に、さっさと再挑戦する。
全体的に高難易度である点とローグ要素が上手くマッチし、リプレイ性を高めている。
また、オリエンタルな音楽もセンスが良く印象が良い。
小さいながらも非常に上手くまとまっている、RISK OF RAINはそんなゲーム。

llc20180501c.jpg

RISK OF RAIN

システム面

llc20180501c.jpg

キャラクターはレベル制で、クールタイム制の四つのスキルと一つのアイテムを駆使しながらステージを進む。
ドロップアイテムは基本、コモン、アンコモン、レア、という三つのドロップテーブルの中からランダムで選ばれる。
各アイテムは重複して取得する事で効果も加算されて行き、ゲーム後半では有効なアイテムがどれだけドロップするかという運も重要となってくる。
それぞれのアイテムの効果はどれも有効で、無意味なアイテムというものはあまり無い。

アイテムドロップは後々選択制にする事も可能。
ランダムドロップでローグ要素を満喫する事も出来れば、難易度を上げアイテムを選択制にしてストイックなプレイを楽しむことも可能。

llc20180501c.jpg

…Moon Shot!

あえて壊していくスタイル

llc20180501c.jpg

Mk2 ミサイル乱れ打ち <

基本的にこのゲームは時間経過による難易度上昇がカンストした状態に対して、プレイヤーキャラのアイテム収集によるパワーUPが間に合えばクリアしたも同然。
しかし・・・
このカンスト難易度に対抗しようとすると、大体お供ロボット大軍団のミサイル超ぶっぱ状態にする必要がある。
また、あまりに敵が強くなる為、それに対抗してスーパーサイヤ人化したプレイヤーキャラはもはやキャラ毎の個性もスキルもへったくれもなく、ただただ通常攻撃を超高速で撃ちまくり斬りまくり殴りまくり、MK2ミサイルを連発するだけの存在と成り果てる。
せっかくのユニークなキャラ毎の個性は最終的には盛大に崩壊、しかし、そうしないとクリアできないバランスになっている。
後半に行くほどストイックでクールなゲーム性は殆ど壊れてしまう。
もうちょっと固有のスキルを活かす方向での調整が欲しかった。

llc20180501c.jpg

全体として「RISK OF RAIN」を見た場合、やっぱりインディーズの佳作という言葉が思い当たる。
しかし、佳作ではあれど非常に優秀な佳作で、冒頭の通り「佳作中の名作」という表現がぴったりくるゲーム。
ゲームの外枠はとても上手くまとまっており、プレイヤーキャラの数と個性についてはサプライズ感すらある盛り込みよう。

リプレイ性も高く、おそらく今だと非常にリーズナブルに入手する事が出来るので、ローグ系アクションが好きな人には悪く無い選択。

[ 70 ] グラフィック
[ 79 ] 音楽
[ 60 ] ストーリー性
[ 80 ] システム面
[ 84 ] 操作性
[ 77 ] 難易度バランス
[ 74 ] ボリューム
[ 80 ] プライスパフォーマンス
[ 78 ] 熱中度
お勧め度 [ 75 / 100 ] Point

RISK OF RAIN [ Analysis ]

RISK OF RAIN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA