Risk of Rain 2

llc20190907a.jpg

2019年の春ぐらいにリリースされた「Risk of Rain 2」PC版をプレイしてみました。
前作はちっこいキャラクターをチマチマ動かして戦うレトロ風2Dローグアクションの良作だったんですが、続編となりまさかのTPSへのジャンル変更という大変革を遂げています。
レトロじゃないRisk Of Rainに購入前は抵抗があったんですが、プレイし出したら年末年始がRisk Of Rain 2で埋め尽くされる勢い。
まだ今後もプレイして行く予定ですが、ある程度目途が立った感があるのでレビューしてみようかと思います。

Risk of Rain 2

OVERVIEW

llc20190517c.jpg

Risk Of Rain 2 はジャンルとしてはシンプルなステージクリア型TPSに属します。
また、何より大きな特徴と言えるのは優れたローグテイストなシステムです。
これ程上手くローグ要素をゲームに取り込んでいるタイトルは珍しい程なので「ローグ系」というジャンルがどんな面白さを持っているのかわからない人なんかは今作をプレイするとその良さが良くわかるんじゃないかと思います。

llc20190517c.jpg

今作にはストーリーというものは厳密には全く無くて、ゲームは唐突に始まるし「シュッ」っていう感じで終わるか(というか永遠に終わらないから自ら終わりを選ぶみたいな)若しくは大体死んで終わります。
まだ早期アクセスだからという部分もありますが今後追加されるとしたらEDぐらいかと思われ、世界観やストーリーに厚みが増すという事は無いと思います。
TPSとしてパワーアップしたとは言え、この辺にやっぱりインディーズ系タイトルっぽい厚みの薄さを感じる部分はあります。
ただマップの雰囲気が良く、謎シチュエーション隠しポイント等があったりとストーリー面を匂わせる箇所もあり、何よりオリエンタルロックなサウンドが今回も光っており、全く語られないにしてもゲーム全体の雰囲気は非常に良いです。
まあでも簡単な一枚絵で良いので、何か背景を語る演出があると尚良いのかなとは思います。

llc20190517c.jpg

多分プレイヤブルキャラクター達にも色々設定背景があるんだろうと思うんですが(無いかもしれん)やっぱり全く語られないのが残念。
前作同様、各キャラクターは非常に個性的で魅力があるので何か背景説明があると良かったかと思います。
ただこの辺をやり出すと一気に製作コストが上がるようにも思われ、あくまでもTPSの完成度という点に絞ったタイトな作りについて印象は悪く無いです。

llc20190517c.jpg

ステージ数は4つ、一つのステージは2つのマップからランダムに選ばれるので現状では8つのマップが存在。
ゲームに基本終わりは無く、4ステージを一周としてひたすら周回し続けるのが基本です。
敵を倒す事で得られるお金でマップ上のランダムパワーアップアイテムを拾い、際限なく自身を強化し続けながら突き進んで行きますが、同時に、時間経過とステージクリアによって難易度も際限なく上がって行きます。
自身の技術とプレイヤーのパワーアップ、迫りくる超難易度という二者のデッドヒートを楽しむのが本作の何よりの特徴であり面白さの一つ。
20ステージ辺りからプレイヤーの超ファイヤーと敵の超猛攻が大激突し、画面が各種エフェクトで入り乱れる様子は圧巻にして爽快。
更に派手に、更に面白くパワーアップしたRisk Of Rainの姿がそこにあります。

llc20190517c.jpg

Risk of Rain 2

SHOOTER

llc20190517c.jpg

さて何は無くとも大事なのはシューターとしての「Risk Of Rain 2」の出来栄え。
まず最初のインパクトはとても好印象。
非常にシンプルな操作性、癖の無い素直なモーション、やはりとてもバランスの良い決して多過ぎないキャラクターのスキルとアクション。
射撃感の良さ、敵を撃ちまくる楽しさ。
ヘッドショット等を狙ったりする類のシビアなTPSでは無いですが、アクションゲーム的なTPSとして純粋に楽しく完成度が高いです。

llc20190517c.jpg

また、プレイしてみると思った以上にRisk Of Rainです。
確かにジャンルこそ全く違うんですが、根幹にあるゲーム性は完全に前作を継承しています。
また前作をプレイしていた人にとっては3D化したRisk Of Rainの姿にニヤけてしまう場面が多々あるのも嬉しいポイント。
更にそのTPS化に伴うブラッシュアップのクオリティの高さは素晴らしく、今作に於いてスパークしている開発チームのセンスの良さには「流石」と言わざるを得ないものを感じます。

llc20190517c.jpg

各プレイヤブルキャラクターは前作同様非常に個性的で魅力的です。
どのキャラも基本4つのスキルを持っていますが、これが良く考えられていて尚且つ無駄が無く使い込むほどに強くなれるように設計されています。
基本のシューターキャラ、弓キャラ、設置系、拘束系、侍、一撃必殺の拳系、等々・・・
似たようなキャラというものは存在せず、どのキャラもそれぞれ全く違った立ち回りが必要でとてもユニーク。

llc20190517c.jpg

使用するキャラクターによってシューターにもなるし、近接系でプレイすればアクションゲームにもなる。
尚且つそれでいてそれぞれの楽しさがあり使用するキャラクターによってゲーム性が崩壊する事も無い。
このベース部分の柔軟性は優れたローグシステムがもたらしたもので、このジャンルの持つ特徴がキャラクターの多様性に対してとても上手く機能しているという事なんだと思います。

llc20190517c.jpg

シューター系アクションとしての作りは予想以上に好印象。
やればやるほど味が出る、プレイするほどにやめ時がわからなくなり気が付くと何時間もプレイしてしまうスルメ系ローグシューターとしてメチャクチャ面白いです。

ただ、基本高難易度なローグアクションであるため特にゲーム開始直後は死にまくります。
ひたすら挑み続けると徐々に道は開けますが、そこで投げ出さない根性は必要。
また、マウス&キーボード環境が無い場合、使い辛いキャラが出て来るのでその辺は考えた方が良いかもしれません。

llc20190517c.jpg

Risk of Rain 2

SYSTEM

llc20190517c.jpg

llc20190517c.jpg

llc20190517c.jpg

今作はステージクリア型TPSですが、プレイヤーはレベル制になっています。
レベルはHPの量と多分基本攻撃力に関係しているはず。
各キャラクターのスキルはクールタイム制で特にスキルツリーみたいなものは無し。
また、スキルは特殊な条件を達成する事でアンロックされ増やす事が可能で、増やしたスキルの中から自分の好きなスキルを選んでセットする事が出来ます。
ただ、キャラクタースキルのアンロックはかなり難しいものが多いです。

道中で取得できる各強化アイテムはアンロック制。
アンロック条件は様々で狙っていかないと達成し辛いものもあるので、ある程度集まってきたらログブックを見てアンロック条件を確認した方が良いです。
たった一つのアイテムの有る無しで難易度が大きく変わる事も多いので。

難易度は3段階。
上になる程難易度の上昇速度が速くなり、敵のAIや攻撃力、被弾時のダメージ量が上がります。
特定のアイテムのアンロック以外の理由で特に無理な難易度に挑む利点は無いので、自分が面白いと思える難易度を選ぶのが良いと思います。
また、基本高難易度である程短時間でサクッとプレイするのに向いているので、プレイ時間によって難易度を変えても良いかもしれません。

システム面はこんな感じ。
基本シンプルなんですが強力なアイテムやスキルのアンロック条件はかなり難しいので実は妙に奥深かったりします。
システム的な部分で期待するタイトルという事でも無く、現状9名のユニークなキャラクターが居て更にスキルも増やせるとあれば十分な内容かと思われます。
一部のキャラクターやアイテムについてはアンロック条件が非常に分かり辛いので、その辺は調べちゃうのがお勧め、下手すると一生分からん恐れもあるので。

llc20190517c.jpg

Risk of Rain 2

ANALYSIS

llc20190517c.jpg

とても優れているのはTPPゲームとしてのシューター&アクション、加えてリピート性を高めるローグシステムと雰囲気溢れるオリエンタルサウンド。
Risk Of Rain 2は殆どこの三本柱で出来ていて、この三要素の完成度は非常に高いです。
この点のみに絞るならば正にトップレベル。
反面、世界観やストーリー周り、色々脇を固めるような要素が皆無に等しくゲームをブラッシュアップする部分に欠けます。
ただ、ゲームの肝とも言える部分がしっかりしているので脇が弱いとしてもそれ程マイナスな印象は無いです。

llc20190517c.jpg

また、前作では周回を重ねると補助装備が強くなりすぎてキャラクターの個性に全く意味が無くなってしまっていたんですが、今作ではその辺が大きく改善されており、各キャラクターのスキルは最後までユニークで有意義です。
難易度も入念に調整され、三段階の設定で幅広い遊び方とチャレンジをプレイヤーに与えてくれます。

llc20190517c.jpg

とにかくとてもシンプルにTPSを楽しみたいと思う時にRisk Of Rain 2は輝くタイトル。
繰り返しプレイしても飽きないし、極まったプレイにも対応できる超難易度もあり末永く遊べます。
キーボード&マウスによるゲームプレイを習得するにも最適かもしれない。
前作では少しマイナーなレトロ良作でしたが、今作でお勧め太鼓判を押せる超良作TPSとして大パワーアップしたんじゃないかと思います。

[ 79 ] グラフィック
[ 84 ] 音楽
[ 72 ] ストーリー性
[ 86 ] システム面
[ 100 ] 操作性
[ 88 ] 難易度バランス
[ 83 ] ボリューム
[ 88 ] ローグシューター
[ 85 ] 熱中度
[ 85 / 100 ] Total Point

Risk of Rain 2 [ Analysis ]

llc20190517c.jpg

Risk of Rain 2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA