Salt and Sanctuary

llc20160708a.jpg

お勧め過去形ゲーム紹介第八回。
今回は「Salt and Sanctuary」を軽くレビューしようと思います。
2D版ダークソウルという事で少し話題になったタイトルです。
このゲームも元はSteam発のゲームです。

Steam / PS4 / Nintendo Switch

Salt and Sanctuary

こんなゲーム

llc20160708c.jpg

llc20160708c.jpg

llc20160708c.jpg

ステージ間チェックポイント <

llc20160708c.jpg

llc20160708c.jpg

致命の一撃 <

llc20160708c.jpg

ボス <

llc20160708c.jpg

8つの職業 <

llc20160708c.jpg

キャラメイク <

llc20160708c.jpg

インベントリ <

llc20160708c.jpg

スキルマップ <

噂通りの2D版ダークソウル。
作りとしてはエリアクリア型、メトロヴァニアライクな2D横スクロールARPG。
プレイヤーの動きはもっさりしていて、その代わり攻撃や打撃感に重みがある。
敵の攻撃ももっさりめで、予備モーションはしっかり捉えられるので、もっさり動作なりに対処可能。
しかし、特にボス級の敵の攻撃はもっさりであれど超範囲、超威力と即死級。
反射神経ではどうにもならない場面が多く、パターンの把握と経験上の予測が生死をわける事になる。

クラスによって基本アクション動作が定まり、武器の選択でアクションのバリエーションが決まる。
一応スキルマップはあるものの、これは殆ど付加的なパラメーターアップを割り振るもので、特に派手なスキルを新たに覚えるといった内容ではない。
基本のアクションと、武器の取捨選択によって場面場面を切り抜けるのが基本。
後はアクセサリーによって武器等に付加効果を付与する事ができたりもする。

アクションの基本展開はシンプルにして最低限、攻撃するかロールでかわすか、盾ではじくかパリィを決めて必殺の一撃を決めるか。
操作性は非常に良く、レスポンスも良好。
動きがリアルで重いのでヒットした際の爽快感は結構なもの。

llc20160708c.jpg

Salt and Sanctuaryは2D版ダークソウルである為、非常に難しい。
それは単純に敵が強いという点は当然として、それにも増して・・・
「罠」と「落下」が凶悪。
この2大ストレス要因が敵の強さとタッグを組んで襲ってくる。
まあ序盤は良い、許せる、しかし中盤ぐらいでキレはじめ、後半に差し向ったその時、殆どの人はゲームを辞める。
とにかく後半から雑魚が糞固いのに加えて動きがいやらしい。
そこに更に図体のデカいプチボスがコラボしてきてもう手に負えない。
ボス戦はその凶悪な難易度と自身の上達とのせめぎ合いを楽しむ事が出来る、何しろそれに見合うリターンが見込める戦闘でもある。
しかし、そこに至る経路すら糞難しく爽快感の欠片も無いというのはどうしようもない。
これは本当に冗談抜きで半端なく相当にマゾいゲーム。

llc20160708c.jpg

とは言え、このゲームは基本的にアクション部分の完成度は高い。
また、武器によって大きく攻撃パターンが変わる為、武器の数だけゲームを楽しめるし、ステージ(エリア)もボスも多く、ボリュームも満点。
とてもこの価格からは想像も付かないような中身の濃い完成度の高い内容。
ただ一点、難易度バランスだけが非常に悪く、これが全ての要素の面白さを激しく鈍化させ足枷になっている。

出来は良いけど、プレイする人を選ぶ難しいダクソ系ゲーム、それがSalt and Sanctuary。
特に道中はダクソよりタチが悪い可能性すらある。
ひたすら挑み続け、自身の上達を試みる。
これ系が好きな人には、まさに願ったり叶ったりのゲームかもしれない。

[ 76 ] グラフィック
[ 77 ] 音楽
[ 77 ] ストーリー性
[ 80 ] システム面
[ 85 ] 操作性
[ 67 ] 難易度バランス
[ 88 ] ボリューム
[ 85 ] プライスパフォーマンス
[ 75 ] 熱中度
お勧め度 [ 77 / 100 ] Point

Salt and Sanctuary [ Analysis ]

Salt and Sanctuary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA