ゼルダ無双 厄災の黙示録

llc20190907a.jpg

「ゼルダ無双 厄災の黙示録」はゼルダ ブレスオブワイルドで詳しく描かれなかった100年前の戦いの詳細を追う作品としてリリースされたスピンオフ的な立ち位置のタイトル。様々なタイトルをベースとして展開される無双シリーズをアクションの題材としており、基本的なシステムはオーソドックスな無双シリーズを踏襲する内容になっている。グラフィックやキャラクターデザインは完全にブレワイを再現しておりファン感涙ものの完成度となっている。

ゼルダ無双 厄災の黙示録□
Action┤
Nintendo Switch/Wii┤
2020/11/20_Rerease┘

llc20190517c.jpg

Hyrule Warriors: Age of Calamity

全体像と世界観とか

llc20190517c.jpg

「英傑を操作せずに死ぬわけには行かねえ(ゲーマー脳」という事で発売日の翌日ぐらいからずっとプレイしてました「ゼルダ無双 厄災の黙示録」、厄災の黙示録っていう言葉の響きが異様に格好良い本作ですが、なには無くともとにかくアクションゲームとしては異例かと思われる程のビッグボリュームなので相当の時間があっという間に過ぎ去ってしまう事は覚悟の上で購入しましょう、かなーり長く遊べることは確実です。

llc20190517c.jpg

タイトルが示す通り本作で描かれるのはブレワイの100年前の戦い、アクションゲームではあるものの非常に豊富なムービーによって物語は細かく補完されていて充実の内容。スピンオフタイトルでありながら殆ど任天堂本家が作っているとしか思えない完成度のイベントでぐいぐいゲームを盛り立てます。

llc20190517c.jpg

話の内容はプレイしてのお楽しみですが、特にブレワイはある意味実はとても悲しいシナリオでもあるので、その辺りを今作でどう昇華しているかという点について、とてもとてもベリーグッドな感じになっているとだけは言えると思います。

llc20190517c.jpg

ゲームの全体像としては多分無双シリーズとしてはよくある作りなんだと思います。マップからバトルシーンを選び出陣するメンバーを選んでプレイする。各シーンは一度クリアすれば何度でもプレイ出来るし難易度の選択も何時でも可能。本編シナリオに沿った流れはあるものの、どちらかというとテンポの良いミニステージを繰り返し遊ぶような非常にリプレイ性の高いアクションゲームとしてデザインされています。

llc20190517c.jpg

また、敵から豊富な素材アイテムや性能にランダム性のある装備を回収、それらを使って武器を合成する事が可能です。武器には特殊な追加効果が付与されている事があり、これも同様に合成で継承させたりすることが可能。この辺はローグ的な要素でもありリプレイ性を押し上げる要素としてとても優秀。

llc20190517c.jpg

確かに作りは無双なんだと思うんですが、良く出来たシナリオと完全再現されたグラフィックが作る世界観は完全にブレワイ、アクション性を助長した別のタイプのブレワイみたいな感じ。今作をブレワイをプレイせずにやるのはあまりに勿体無いので、今作やるならブレワイをクリアするべきでしょう。多分そうしないと楽しさが倍近く違うし、ブレワイやらずにこれだけやるとか意味不明レベル。まあアクションも良いのでそこだけで買っても良いけど、やっぱりその前にブレワイやっとくべきでしょう。

llc20190517c.jpg

Hyrule Warriors: Age of Calamity

アクション

llc20190517c.jpg

アクションは多分まんま無双。伝統の弱連打からの派生ユニーク強攻撃でリズミカルにテンポよく立ち回るのが基本。プレイヤブルキャラクター毎にユニークなアクションフューチャーが何らか必ず用意されていて、どのキャラも新鮮に違った感じで立ち回れるのが本当に凄い。プレイヤブルな人達は登場人物少なめのブレワイから「これでもか!」というぐらいかき集められ驚く程豊富。まさかの「あの人達」も登場するのでここは大いに期待してヨロシ。「え、こいつ使えるの」って驚く事間違いなし。

llc20190517c.jpg

僕は無双シリーズはあんまりプレイした事が無いのでシリーズとしての比較はわからんのですが、今作の無双アクションは結構奥が深くよく練りこまれています。ジャスト回避からのラッシュ、パリィ等はブレワイから引き続き有効で、4種のシーカーストーンやロッドを使用してのサイドアクション、ガードブレイクシステムもテンポを変えるアクセントして優秀。また、弱連打からの強攻撃はある程度の法則性があり、後に行くほど単純に強いというわけではなく、例えば4、5段目派生に僅かなガードブレイク効果があったり、1段目派生が意外と強かったりとか細かな戦略性があります。その為単調な感じは無く、とてもアクティブに派手派手に忙しく楽しむ事が出来、アクションゲームとして申し分のない完成度です。

まあただカメラワークはひどい時はもうひどいのでここはマイナス要因。とは言え3Dゲーの宿命でもあるし、カメラを強敵に固定してもある程度周辺状況にも対応できる柔軟性もあったりとターゲッティングについて考慮されている面も多く許容レベルかなと思います。

総じてみるに、バリエーション豊かなキャラクターが繰り出すスーパーユニークアクションのオンパレードとその完成度の高さは正に圧巻。個性バリバリのキャラクターが敵を蹴散らす様は「無双」という言葉に相応しい。シリーズ最高傑作との呼び声が高いらしい今作の評判に嘘偽りは無い、多分、っていうか無双詳しくないけど。シリーズ云々は無視して純粋にアクションゲームとしてみて今年ベストというレベルである事は確実と言えると思います。

llc20190517c.jpg

Hyrule Warriors: Age of Calamity

すげーボリュームなんだ

llc20190907a.jpg

僕の場合途中苦戦しつつ難易度ハード通しで今100時間近いプレイ時間。まだラスト数ステージ未クリア。武器強化は現状全然適当だし使い込めていないキャラクターも多く、この辺を切り詰めて行く先にベリーハードというエンドコンテンツが控えている状態。RPG要素の無いタイトルでこれ程のビッグボリュームのアクションゲームには出会った事が無いっていうぐらい。こりゃもう年内一杯ゼルダ無双で埋め尽くすレベル。よもやここまでのタイトルとは思わなんだ・・・任天堂が気合入れて関わるタイトルは半端ないという事を思い知った次第。

llc20190907a.jpg

嬉しい機能としてムービーとかはクリアするとどんどんアーカイブされていって何時でも繰り返し見れる所。合間のイベントムービーの出来が良いのでこれは素晴らしき。

あとは今作はとにかくサプライズが凄い。特に「あの」後の「あれ」は感動ですよコレしかし。中々「これ」をやってくれるタイトルにはお目にかかれなくて、同列に並べられるのはEDが神な「大神」ぐらいで、それでも今作には叶わないってレベル。しかもその後さらに「えー」ってなるのがまた。

何か無双シリーズの新作としてポッと出てしまった感がある今作なんですが、おそらくそんな感じの購入時の印象を覆す超良作ビッグタイトルだったのは意外や意外。特にブレワイファンなら問答無用でマストプレイな完成度であり、アクションゲームとしては今年トップレベルでお勧めなんじゃないかと思います。

[ 94 / 100 ]

ゼルダ無双 厄災の黙示録  [ 94
point ]

llc20190517c.jpg

Hyrule Warriors: Age of Calamity

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA