Ducky One 2 Mini Pure White RGB

llc20190225a.jpg

久しぶりにキーボードを購入してみました。
Duckyの60%キーボードの新作、One 2 Mini Pure White RGB。
購入したのはここ
> Mechanical Keyboards.com
何かこのキーボード、有名なFPSプレイヤーに紹介されて今爆発的に売れているらしく、国内在庫も渇水気味なので上記サイトから輸入という手も無くは無いかと。
僕は少しブームになっているという事は全然知らなくて、普通に60%サイズが欲しいなと思って購入してみました。

外観と機能

llc20190225c.jpg

llc20190225c.jpg

llc20190225c.jpg

キーキャップのカットライン

llc20190225c.jpg

2段階の高さ調整

llc20190225c.jpg

裏面物理スイッチによる機能の変更

llc20190225c.jpg

USB Type-C 端子接続

llc20190225c.jpg

llc20190225c.jpg

付属品一式

Duckyと言えば根っからのキーボード屋なので、もはやその全体クオリティは円熟の域に到達しており、安心して購入できるメカニカルキーボードメーカーとして信頼性が高いです。
今回のOne 2 Miniに於いては、基本的な機能については既にDuckyの技術としてあったものそのままなんですが、主に外観の部分が色々ブラッシュアップされている印象です。

特徴的な基本機能としては・・・
コンパクトながらも「Fnキー」を使用する事でフルサイズキーボードと同等の機能性を持っていたり、マウス操作をエミュレート出来たり、マクロ機能が使えたり。
全機能をキーボードというハードウェアのみで実現するという点もこれまで同様Duckyのこだわりの1つ。
不具合を起こしやすいソフトウェアに依存せずフル機能を実現するというのはDuckyのキーボードの大きな魅力です。

外観の部分のパワーアップとしては、全体的にスリムにスタイリッシュになっているのが第一印象。
このPure White版は白一色ですが、One 2シリーズは本来トップとボトムでツートンのカラーになっているのが特徴でもあります。
また、高さ(キーボードの傾斜)を2つのスタンドで2段階で調整できるようになっていたり、「USB Type-C」接続になったというのも変更ポイント。
ただ、このType-C接続、僕の環境だとPCの電源を落としてもキーボードのLEDが消えないのでちょっと困りもの。
おそらくType-Cの電源供給機能が働いてこうなるんだと思うんですが、マザーの設定を変えるか、One 2 Mini側でLED OFF操作をその都度やるか以外に根本的な対処法は無いような気がします。
電源OFF時のUSB電力供給機能はPC環境によってはOFFに出来ないと思うので(キャプチャーとかUSB DACとか)、これ結構不便かなと思います。
USB2.0接続のキーボードだとPC電源落ちるとLED消えるんですけどね・・・
思うに、キーボードってType-Cにする必要あるのかな・・・と。

後は、付属品がやたらに豊富なのも相変わらずでサプライズ感満載。
干支スペースバーも今回の猪の出来栄えは中々良く、満足度高いです。
ただ・・・オマケキーキャップがオレンジ色だったのがとても残念。
Mechanical Keyboards.comの写真だと水色だったんだよなー・・・悲しいなー・・・
付属キーキャップの水色が欲しい人は、もうちょっと時間が経ってオレンジキーキャップ同梱ロットが掃けるのを待った方が良いと思います。

塗装部分としてはトップが艶消しホワイトで裏面が艶ありホワイト(グロッシーホワイト)になっています。
どの部分も全体的に安定して高品質なので、結構名が売れてきてもその変が変わらないのは嬉しい部分です。

llc20190225c.jpg

使用感はまあ普通、普通に使い易いコンパクトキーボードです。
特にキーキャップの微妙な傾斜加工が上手く機能しタイピングは非常に快適です。
ただ、今回のキーボード変更の大きな懸念ポイントであった”アローキー”のFnキーとの同時押しがなかなか慣れない感じ・・・
購入前の個人的見解としては、離れた位置にあるアローキーを押すよりも、ホームポジションにあるキーをFnキーでアローキー化する方が慣れれば快適になる、という事だったんですが・・・
この予想は半分は当たっていて、確かに右手の移動量が減って快適にはなったんですが、その分アローキー操作が煩雑になったのとミスタイプが増えたな、と。
このアローキーっていうのは特に文章を打つ際には結構頻繁に使うキーなので、この辺り、クリエイティブ系の作業が多い人はOne 2 Miniを購入する際よく考える必要があると思います。

さて、いくつか60%キーボードは使ってきたんですが、現状個人的にはVortexのPokerシリーズが一番かもしれないと思います。
というのは、Vortexの60%キーボードはモード切替でキーボードの右下、Winキー、Fnキー、Ctrlキー、右シフトキーを独立したネイティブなアローキーにする事が出来る為。
One 2 Miniでもマクロ機能で同じようにそれらのキーをアローキー化する事が出来ますが、この場合キーを押しっぱなしにした際の自動連続入力が出来ません。
文字カーソルなんかを大きく動かしたい場合、その分キーを連打する必要があります。
単なるマクロ機能なので、記憶されている操作を指定回数分実行する事しか出来無いんだと思います。
なので、One 2 Miniの場合、ネイティブなアローキーとして機能するのはFn+JKLIキーのみとなるようです。
やはり60%キーボードの先駆者たるVortex Pokerはその辺り、一歩抜きんでているといった所。
ただVortexは特に最近メーカー自体が特殊でマニアックなキーボードメーカーになってきていて敷居が高いのが難点。

今回はちょっとアローキーを甘く見たかなという感じ。
もう一つの購入候補として「Dcuky One 2 SF」があったんですが、こっちが正解だったかもしれん。
まあちょっと色々検討中・・・

FPS用としてベストかどうかはわからんけど、60%キーボードはデスクの右サイドを大きく開放できるのでマウスを使用するPCゲーム全般にとってとても有用なのは事実です。
確かな品質と入手性の良さと言う観点からDuckyを選ぶのは悪くない選択では無いかなと思います。

Ducky One 2 Mini Pure White RGB

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA