ANTHEM 体験版

llc20190203a.jpg

ANTHEMの体験版がプレイ出来るらしいのでPC版をプレイしてみました。
開始早々エラー連発状態でさっぱり接続できなかったんですが、ググったら「言語>英語」「字幕>OFF」でプレイできました。
このゲームは昨今珍しく全プラットフォーム同時リリースなので、PCゲーマーな管理人的にも期待しているタイトルだったりします。
さてはてその内容はいかに。

ファーストインプレッション

llc20190203c.jpg

TPPシューター <

llc20190203c.jpg

アイキャンフラーイ <

管理人のメインPCはSumsungのNVMeSSDで、ANTHEMもそこにインストールしたんですがそれでも結構ロードが長いです。
ミッション開始時、カスタマイズ画面移行時、等々、あらゆる所でロードが発生しミッション開始までのテンポは正直非常に悪かったです。
まあしかし、その代わりなのかなんなのかグラフィックはとても綺麗でゲーム中のあらゆるシステムUIもスタイリッシュで格好良いです。
このアクセシビリティの悪さについては今後改善して欲しいポイントだと思います。

さて、肝心のアクションの出来はとても素晴らし。
射撃時の挙動、効果音、敵のリアクション、あらゆるプレイヤーアクション、共にとてもとても高レベル。
TPSアクションシューターとしての基本は最高クラスに良く出来ていると感じました。
また、飛行アクションもダイナミックで爽快、まさに「あいきゃんふらーい」状態、ちょっと操作に慣れは必要ですが。
適度に重厚で適度にスピード感があるリアルな射撃アクションを楽しむ事が出来ます。

ゲームスタート直後の悪い予感を覆すかの如く、TPSシューターとしての基本的な部分の出来は一級品だと思います。

システム的な方面を考える

llc20190203c.jpg

カスタマイズ <

llc20190203c.jpg

武器依存 <

ANTHEMがどんなジャンルのゲームであるかをたった一言で表現するとするならば・・・
「シューター系モンハン」
多分目指している所はそこ。
ANTHEMはソロでRPG的な攻略を極めるようなゲームでは全く無く、限られたマップの中で所定のミッションを出来るならば皆でガヤガヤワイワイこなし、よりよいアイテムドロップを狙って周回するタイプのゲームです。
現状プレイヤークラスは四つ、おそらく今後もそうそう増えない事が予想されます。
しかし、使用できる武器の種類が豊富である事が予想され、クラスという基本の下地に豊富な武器を組み合わせ各人が好みと個性を発揮させてゆくシステムデザインなっています。
「フムフムなるほどそういう感じなんだ」とか思ったりしました。
FPSとかシューター系が好きな人でモンハンも好きだったらかなり「有り」です。

時期尚早ではないかと小一時間

llc20190203c.jpg

アクションのポテンシャルは期待を裏切らない程に高いです。
シューターとしてのクオリティも同様に超高レベルです。
しかし・・・
体験版をプレイしていても随所にひしひしと感じられる「未完成」感・・・
基本出来上がっていますがバランス調整とか全然間に合っていない感じ・・・
なんだろうこれはモンハン系の作りだから出してからアップデートで辻褄合わせるタイプなんだろうか・・・
「これちょっと早いんじゃないのかね出すの?」
と思わず苦言を呈したい気持ちMAX。
もの凄いポテンシャルを持ったゲームだと思いますが、現状のままリリースされちゃうとするのなら、ちょっと様子見かなという感じ、言うて10000円だし。

まあなんかハイクオリティAAA級スタジオゲーは色々ビジネス的な要因が絡みすぎて難しいなとか、ANTHEM体験版をプレイしてそんな事を思ったりしました。
長期的なアップデートが保証されるなら購入したいですが、現状何とも言えないと管理人は判断しました。

ANTHEM 体験版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA