鬼ノ哭ク邦 体験版

llc20190820a.jpg

ちょっと購入を迷っている「鬼ノ哭ク邦」のSwitch体験版をモソモソとプレイしてみました。
スイッチで半分寝っ転がりながらプレイして本体のキャプチャー機能を使ったので、ちょっと画像のクオリティが低かったりするんですがご愛敬ってことで。
ちなみにこのタイトルは「オニノナククニ」と読むらしいです。

丁寧な見下ろし型アクション

llc20190517c.jpg

鬼ノ哭ク邦はオーソドックスな見下ろし型アクションRPGに分類されるゲーム。
操作性は非常に良好、無理な操作や一つのボタンが複数の役割を持つことは無く、ワンボタンワンアクションのシンプルな操作体系に収まっておりとても好印象。
キャラクターのアクションは結構もっさり気味な部類。
一つ一つの動作にしっかりとした攻撃の方向性が存在し、同様に隙もあります。
故に、敵の行動と攻撃を予測しつつ、プレイヤーには常に一歩先を行く立ち回りが求められます。

llc20190517c.jpg

そのカジュアルなタイトルイメージとは裏腹に、アクションはしっかりとしたヒット&アウェイが必要なテクニカルな作りになっています。
プレイヤーのスキルにも癖のあるものが多く、しっかり距離やタイミングを見計らわなければ効果を発揮できない事が多いです。
とは言え、難易度を最高にしても体験版の範囲では全然難しくなかったので、その辺は万人向けに調整されている感じ。
個人的にはもっと難しくても良いと思いました、こういったテンポのゲーム場合その方がやりがいがあって良いです。

llc20190517c.jpg

ストーリーや舞台背景はしっかりつくられており、特有の固有名詞を使うことで上手く独特な世界観を作り上げています。
まあ何と言うかスクエニらしいというか、決して外さないけどちょっと何かパンチ力が無いみたいな、綺麗めな感じの話が終始展開するであろうことが予想される感じ。
メインのアクションを引き立てるには十分なクオリティであろうかと思われます。

llc20190517c.jpg

肝心のアクションで良いなと思ったのはやっぱり「鬼ビ人」システム。
主人公に「鬼ビ人」を憑依させることで多彩な攻撃が可能になるというもの。
これがスタンドみたいで格好良い。
単に武器替えてるだけじゃないだろうかという素朴な疑問はこの際無しにして、とりあえず見た目が格好良いからこれは良い。
スタンドがプレイヤーの攻撃に同調してビシバシ華麗に攻撃してくれる。
これは良い、こんな感じでジョジョのアクションゲーム作って欲しいぐらい。

llc20190517c.jpg

また、この鬼ビ人はそれぞれ個別にスキルツリーを持っていて個別に強化可能、装備武器も変更可能。
おそらくはここが鬼ノ哭ク邦の肝となる部分かと思われ、この辺の育成要素の出来はかなり優秀かと思われる。

llc20190517c.jpg

習得できるスキル、新技は非常にスタイリッシュで格好良く強力で魅力的。
スキルツリーには鬼ビ人の強化以外に鬼ビ人の古い記憶も含まれていて、これを開放することで鬼ビ人の生い立ちについても知る事が出来る。
この鬼ビ人システムと骨のあるアクションの融合はとても良く出来ていて期待できる内容だと思う。
故・・・
心配なのはこの部分のボリューム。
このシステムの底が見えてしまう時がすなわち、鬼ノ哭ク邦の楽しさの限界になってしまうと個人的には思う。
もし鬼ビ人の人数が7、8人だったとすると・・・
意外とあっさりとしたボリュームである事も予想され、この辺りをどう見るかが購入の分かれ目かも。

llc20190517c.jpg

個人的には鬼ノ哭ク邦は是非購入したいタイトル。
流石はスクエニ作品なのか、全編非常に丁寧にクオリティ高く作られており普通にまだまだプレイしたい面白さ。
予想に反して結構骨太方面だったアクションはむしろ好印象で、もっと難易度を上げてほしいぐらい。
ただどっちかというとまったりプレイしたい感じなのと、グラフィック的なクオリティの部分でやっぱりPC版が欲しくなったのでここは一旦スルーかなと。
ちょっと安くなってからSteam版でゆっくりプレイする方向性で今後購入を検討して行こうという感じ。
ポイントは鬼ビ人とエンドコンテンツのボリューム&リピート性の高さかと思うので、その辺を見極めつつ購入時期を見計らうと良いのかと個人的には思うタイトルです。
まあでも装備品が殆ど無いからなあ・・・その辺どうだろ・・・

鬼ノ哭ク邦 体験版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA